BrokerTec

BrokerTec

BrokerTec 接続の追加

BrokerTec 接続を追加するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Connections] をクリックします。
  2. [+New Connection] をクリックします。
  3. [General Settings] (全般設定) セクションにて設定を行います。

    • Connection enabled: この設定をオンにして接続を有効化します。この設定をオフにして接続を無効化します。
    • Name: これは、接続の作成に必須の欄です。
    • Exchange: [BrokerTec] を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
    • [Type] 欄で既定の設定を使用します。
  4. [Additional Settings] (追加設定) セクションにて設定を行います。

  5. 接続ごとに以下の BrokerTec Futures 取引所設定を行います。

    • Root: BrokerTec セッション ID (ユーザー名) の生成に使用される名前を定義します。BrokerTec はこの値を配信して、ルート名として参照します。TT システムは、[No: ID] 欄で定義されているセッション数に対し、ルート名を使用してセッション ID を生成します。生成された BrokerTec セッション ID は以下の名前付け規則を使用します。TTx_root-name_##, where...

      • TTx: TTF (約定と注文の更新) または TTO (注文送信セッション) のいずれかとしてのセッション タイプを識別します。
      • Root-name:: 取引所が提供するルート名で、BrokerTec接続に対し [Root] 欄で設定されます。
      • ##: TT システムにより各セッション ID に追加される2桁の連続番号。

      例えば、「ADRS」に等しく [Root] を、「2」に等しく [No: ID] を設定する場合、セッション ID は 「TTF_ADRS_01」 及び 「TTO_ADRS_01」と名前が設定されます。最大 6 文字まで設定できます。この欄は必須です。

    • No: ID: セッション ID 数を設定します。TT システムはセッション ID 数に基づいて1つ以上の TTF セッションを作成します。例えば、「8」に等しく [No: ID] を、「ADRS」に等しく [Root] を設定する場合、TT システムは合計 8 個のセッションを生成します (TTF セッション1つ (TTF_ADRS_01)、TTO セッション 7 つ (TTO_ADRS_01、TTO_ADRS_02、TTOD_ADRS_03 等)。最大 3 つの整数値を入力します。この欄は必須です。
    • Password: 取引所提供のセッション パスワードを入力します。注文の送信に必須です。
    • Primary IP: 取引所に接続する為の IP アドレス (取引所提供) を設定します。セッションに接続するのに必須です。
    • Primary Port: 取引所に接続する為のポート (取引所提供) を設定します。セッションに接続するのに必須です。
    • Secondary IP: 取引所への接続の際の予備の IP アドレスを設定します (取引所提供)。この欄はオプションです。
    • Secondary Port: 取引所への接続の際の予備のポートを設定します (取引所提供)。この欄はオプションです。
    • Max Order Rate: (オプション) ユーザーが 1接続に発注できる、最大注文数 (毎秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
  6. [Create] をクリックします。

    [Settings] タブにて接続設定を確認できます。

  7. [Account] タブをクリックして、接続に既存の口座を割り当てます。1つの接続に複数の口座を追加できます。

    : 1つ以上の口座が割り当てられるまで、接続は有効になりません。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。