ストラテジー作成

ストラテジー作成

ユーザー定義ストラテジーの変更

ユーザー定義ストラテジーの変更

取引所の中には、取引セッション間でユーザー定義ストラテジーを保存しないので、使用する場合は各自で作成する必要があります。[Strategy Creation] ウィジェットは、作成したうちの 25 個のスプレッドを保持するので、再び定義しなくても、スプレッドに変更を加えて取引所に送信できます。

現在の取引セッション中に作成したユーザー定義ストラテジーは、必要に応じて [Strategy Creation] ウィジェットでリロードして変更できます。変更した後は、新規ストラテジーとして、ユーザー定義ストラテジーを再作成できます。

ストラテジーのリロードには2つの方法があります。

  • ストラテジーで [Seed] 列の アイコンをクリックします。

  • [Templates] をクリックして、テンプレート ドロップダウン リストの [User-Defined Strategies] セクションにて、保存済みのユーザー定義ストラテジー (構造) を選択します。

ストラテジーを変更するには

  1. 以前に定義済みで、変更するストラテジーをリロードします。

    ヒント: ストラテジーを作成して、ストラテジーの発注後に、ストラテジー定義グリッドでストラテジー レッグを残す場合、[Clear legs on submit] のチェックを解除 (無効化) します。

  2. 執行記録パネルにてストラテジーの [Seed] 列の アイコンをクリックします。

    ストラテジーのレッグは、ストラテジー作成画面に表示されます。

  3. 1つ以上のレッグを変更するには、各レッグの取引所、銘柄タイプ、銘柄、限月をクリックします。オプション レッグに関しては、必要に応じて [Put] (P) または [Call] (C) をクリックします。[instrument picker] を使って、欄をクリックして値を選択し、限月の各部分を別々に設定できます。

  4. ストラテジー レッグのサイド、レシオ、価格 (該当時) を変更します。

    [Side] 列を1クリックすると、レッグの買/売方向を切り替えることができ、必要に応じて各レッグの [Ratio] (レシオ) を調整できます。

    必要に応じてテキスト ボックスをクリックし、新規または変更済みのストラテジーに名前を付けます。

  5. [Create] (作成) をクリックします。

    ヒント: 新規のユーザー定義ストラテジー テンプレートとして変更済みのストラテジーを保存するには、[Save] (保存) をクリックします。保存したストラテジーは [Templates] (テンプレート) リストに表示されます。

    執行記録パネルからストラテジーを削除するには、ストラテジーを右クリックして、コンテキスト メニューの [Delete] (削除) をクリックします。