オプション リスク

オプション リスク

オプション リスクの設定

コンテキスト メニュー設定

  • Open: 選択した限月の発注ウィジェットを開きます。選択した銘柄の内容が入力された [Time and Sales] ウィジェットまたは [Charts] ウィジェットも開くことができます。
  • Create Manual Fill: 限月の マニュアル フィル モードで [Position Manager] ウィジェットを開きます。
  • Modify SOD: 限月に対し SOD モードで [Position Manager] ウィジェットを開きます。
  • Zoom (ズーム): スライダー コントロールを使って、ズームは既定のウィジェット ビューの 50% ~ 150% の間で表示をズームできます。
  • Settings (設定): Options Risk: ローカル設定メニューを開きます。
  • ローカル設定

    これらの設定で、選択した [Options Risk] ウィジェットのみに影響が与えられます。新規に起動した [Options Risk] ウィジェットにこれらの値で既定の設定を更新するか、または既存の起動済みウィジェットに適用させるには、[Default] をクリックします。

    • Colors (配色): ウィジェットで利用可能なセルと列の配色のカスタマイズや変更ができます。

    • Show tabs (タブの表示): ウィジェットの下部に表示するタブのチェックをオンにします。タブを非表示にするにはチェックを解除します。

    • Ignore global Account List broadcasts (口座リストの全体ブロードキャストを無視): ウィジェットを構成して [Account List] に追加された口座の選択を無視します。これが有効の場合、ウィジェットは [Account List] ウィジェットにより配信された口座の選択を無視します。

    • Display underlying adjustments as: 現物の価格への絶対値またはパーセント数の調整を選択します。オプション リスクの推定に使用されます。

    • Display volatility adjustments as: グローバル ボラティリティへの絶対値またはパーセント数調整を選択します。オプション リスクの推定に使用されます。

    • Refresh risk on interval: 自動的にオプション リスクをリフレッシュする間隔を設定します。これがオンの場合、リフレッシュ ボタンが強調表示され、リスク値が更新されるまでに3回点滅します。

    • Refresh on fill: 約定を受信すると、オプション リスクをリフレッシュするためのウィジェットを設定します。

    • Refresh on change to user volatility curve: 約定を受信すると、オプション リスクをリフレッシュするためのウィジェットを設定します。

    オプション リスク列の説明

    説明
    Expander (展開)

    [Bucket] 列で各銘柄ファミリーの拡大と縮小表示に使用する、拡張表示アイコンを表示または非表示にします。

    Bucket (バケット)

    オープン ポジションの現物先物銘柄や現物先物限月の有効期限、有効期限ごとのオプション限月を表示します。

    Positions (ポジション状況)

    現物先物銘柄やオプション銘柄にてオープン ポジションを示します。

    P/L (損益)

    現物先物銘柄と有効期限、またはオプション銘柄と有効期限の口座におけるオープン P/L を表示します。

    Mark to Theo

    理論オプション値で計算されたオープン損益。

    Delta (デルタ)

    ユーザーが提供する場合は、「ユーザー ボラティリティ」を使って計算されたコールまたはプット デルタ。提供していない場合は、「フィット ボラティリティ」を使って計算されたコールまたはプット デルタ。

    Gamma

    現物銘柄の変更ごとのデルタでの変更が表示されます。

    Vega (ベガ)

    ボラティリティでの変更ごとのオプション値における変更が表示されます。

    Theta (シータ)

    時間で変更ごとのオプション値における変更が表示されます。時間の遅延としても知られます。

    Rho (ロー)

    利益率の変更ごとのオプション値における変更を表示します。