FIX セッション

FIX セッション

FIX セッションの追加と設定

[FIX sessions] ウィンドウを使って、会社に FIX セッションを追加して、第三者 FIX クライアント アクセスのための設定ができます。

以下のタイプの FIX セッションを追加できます。

Drop Copy OUT FIX セッションの追加

Drop Copy OUT FIX セッションを追加して設定するには

  1. 左ナビゲーション画面にて [More] - [FIX Sessions] をクリックします。
  2. [FIX Session] ウィンドウ上部の、[+New Session] をクリックします。

    Add-PIC

  3. [FIX Type] に [Drop Copy OUT (standard mode)] を選択します。
  4. 以下の設定を行います。
    • FIX セッション名 -- FIX サーバーの表示名を設定します。
    • Remote Comp Id: FIX クライアント ID を設定します。この FIX クライアント ID 値は、FIX サーバーに接続されている FIX クライアントにより、Tag 49 (SenderCompID) で送信されます。この ID は、FIX サーバーにより FIX クライアントへ送信されるすべてのメッセージに対して、Tag 56 (TargetCompID) にて生成されます。
    • Session Password: この FIX セッションに関連したパスワードで、 FIX サーバーの認証に使用されます。FIX セッション パスワードに有効期限はなく、TT パスワードの制限を受けることは全くありません。Logon (A) メッセージの Tag 96 (RawData) にて入力する必要があります。
    • Notification email: 会社の管理者が使用できる電子メールアドレスを設定し、FIX セッションに影響を与えうる非常時のメンテナンス時や操作・製品のリリース情報の際に、 TT から通知を受信できるようにします。
    • Country: FIX サーバー マシンが位置する国。

      選択した国によって、州や郡、Zip コードを入力する必要がある場合があります。

    • Send unsolicited order and fill messages: ステージ親注文や合成親注文の子注文に関して FIX クライアントに注文や約定のメッセージを送信するかどうかを設定します。
    • Send and receive Order ID values in short form: 注文ルーティングと執行記録メッセージで、タグ 37 の短縮注文 ID (OrderID) を送信するかどうかを設定します。
    • Compliance Feed: 元の 新規注文シングル (D)、注文取消要求 (F)、注文取消/差替要求 (G) メッセージと執行記録 (8) メッセージとコンプライアンス メッセージを含むかどうかを設定します。これは、TT の注文ルーティング ソフトウェアが要求を受信した際と、取引所に送信した際の高性能の時間スタンプを含みます。
    • (Session Reset): FIX Server 接続のリセットをスケジュールします。

      リセット時間を設定するには

      1. 日付をクリックして [Reset Time (UTC)] 欄を有効化します。
      2. UTC 時間で希望のセッション リセット時間を設定します。
  5. [Status] セクションにて、セッションをアクティブにするかどうかを選択します。セッションは既定で非アクティブ化となります。
  6. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。
  7. TCP またはセキュア TCP (SSL) を通じて FIX セッションへの接続を設定します

Order Routing FIX セッションの追加

Order Routing FIX セッションを追加して設定するには

  1. 左ナビゲーション画面にて [More] - [FIX Sessions] をクリックします。
  2. [FIX Session] ウィンドウ上部の、[+New Session] をクリックします。

    Add-PIC

  3. [FIX Type] に [Order Routing] を選択します。
  4. 以下の設定を行います。
    • FIX セッション名 -- FIX サーバーの表示名を設定します。
    • Remote Comp Id: FIX クライアント ID を設定します。この FIX クライアント ID 値は、FIX サーバーに接続されている FIX クライアントにより、Tag 49 (SenderCompID) で送信されます。この ID は、FIX サーバーにより FIX クライアントへ送信されるすべてのメッセージに対して、Tag 56 (TargetCompID) にて生成されます。
    • Session Password: この FIX セッションに関連したパスワードで、 FIX サーバーの認証に使用されます。FIX セッション パスワードに有効期限はなく、TT パスワードの制限を受けることは全くありません。Logon (A) メッセージの Tag 96 (RawData) にて入力する必要があります。
    • Notification email: 会社の管理者が使用できる電子メールアドレスを設定し、FIX セッションに影響を与えうる非常時のメンテナンス時や操作・製品のリリース情報の際に、 TT から通知を受信できるようにします。
    • Country: FIX サーバー マシンが位置する国。

      選択した国によって、州や郡、Zip コードを入力する必要がある場合があります。

    • Send unsolicited order and fill messages: TT 以外の送信元である注文の FIX クライアントに、注文や約定のメッセージを送信するかどうかを設定します。
    • Send unsolicited order and fill messages: ステージ親注文や合成親注文の子注文に関して FIX クライアントに注文や約定のメッセージを送信するかどうかを設定します。
    • (Session Reset): FIX Server 接続のリセットをスケジュールします。

      リセット時間を設定するには

      1. 日付をクリックして [Reset Time (UTC)] 欄を有効化します。
      2. UTC 時間で希望のセッション リセット時間を設定します。
  5. [Status] セクションにて、セッションをアクティブにするかどうかを選択します。セッションは既定で非アクティブ化となります。
  6. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。
  7. TCP またはセキュア TCP (SSL) を通じて FIX セッションへの接続を設定します

Security Definition FIX セッションの追加

Security Definition FIX セッションを追加して設定するには

  1. 左ナビゲーション画面にて [More] - [FIX Sessions] をクリックします。
  2. [FIX Session] ウィンドウ上部の、[+New Session] をクリックします。

    Add-PIC

  3. [FIX Type] に [Security Definition] を選択します。
  4. 以下の設定を行います。
    • FIX セッション名 -- FIX サーバーの表示名を設定します。
    • Remote Comp Id: FIX クライアント ID を設定します。この FIX クライアント ID 値は、FIX サーバーに接続されている FIX クライアントにより、Tag 49 (SenderCompID) で送信されます。この ID は、FIX サーバーにより FIX クライアントへ送信されるすべてのメッセージに対して、Tag 56 (TargetCompID) にて生成されます。
    • Session Password: この FIX セッションに関連したパスワードで、 FIX サーバーの認証に使用されます。FIX セッション パスワードに有効期限はなく、TT パスワードの制限を受けることは全くありません。Logon (A) メッセージの Tag 96 (RawData) にて入力する必要があります。
    • Notification email: 会社の管理者が使用できる電子メールアドレスを設定し、FIX セッションに影響を与えうる非常時のメンテナンス時や操作・製品のリリース情報の際に、 TT から通知を受信できるようにします。
    • Country: FIX サーバー マシンが位置する国。

      選択した国によって、州や郡、Zip コードを入力する必要がある場合があります。

  5. [Status] セクションにて、セッションをアクティブにするかどうかを選択します。セッションは既定で非アクティブ化となります。
  6. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。
  7. TCP またはセキュア TCP (SSL) を通じて FIX セッションへの接続を設定します

FIX Drop Copy In セッションの追加

TTプラットフォームを使って受信 Drop Copy ソース (7.X FIX Adapter) から 執行レポート (8) メッセージを監視するには、以下の設定を行う必要があります。

  1. 左ナビゲーション画面にて [More] - [FIX Sessions] をクリックします。
  2. [FIX Session] ウィンドウ上部の、[+New Session] をクリックします。

    Add-PIC

  3. [FIX Type] に [Drop Copy IN (import to TT)] を選択します。
  4. 以下の設定を行います。
    • FIX Session Name: Target FIX Server の表示名を設定します。
    • FIX Type: [Drop Copy IN (import to TT)] を選択します。
    • Sub Type: 受信 Drop Copy ソースを選択します。
      • TT 7X (7X FIX Adapter)
      • CME
      • ICE
    • Remote Comp Id: 受信 Drop Copy の SenderComID の値。
    • Country: 受信 Drop Copy ソースが位置する国。
      選択した国によって、州や郡、Zip コードを入力する必要がある場合があります。
    • Remote Comp IP Address: 受信 Drop Copy の IP アドレス。
    • Remote Port#: 受信 Drop Copy ソースへの接続のポート番号。
    • Remote Comp Password: この FIX セッションに関連するパスワードで、受信 Drop Copy ソースへの接続の認証に使用されます。
    • Notification email: 会社の管理者が使用できる電子メールアドレスを設定し、FIX セッションに影響を与えうる非常時のメンテナンス時や操作・製品のリリース情報の際に、 TT から通知を受信できるようにします。
    • Target Comp Id: メッセージを受信するシステムの TargetCompID の値 (通常は TT_ORDER)。
    • Include Inbound Orders: 約定に加えて注文の確認にExecution Report (8) (執行記録) を含めるかどうかを設定します。これを無効にすると、TT FIX は約定メッセージに対してのみ Execution Report (8) を処理します。
    • Password Method: CME や TT 7X サブ タイプに表示されます。セッションに接続するためのパスワード暗号メソッドを入力します。CME の場合、Drop Copy ログイン資格情報の一部として、取引所が提供する値を入力します。
    • Access Key Id: CME サブ タイプにのみ表示されます。Drop Copy ログイン資格情報の一部として、CME が提供する値を入力します。
    • Secret Key: CME サブ タイプにのみ表示されます。Drop Copy ログイン資格情報の一部として、CME が提供する値を入力します。
    • Sender Location: CME サブ タイプにのみ表示されます。Drop Copy ログイン資格情報の一部として、CME が提供する値を入力します。
    • Backup Remote IP Address: 受信 Drop Copy ソースのバックアップ IP アドレス。
    • Backup Remote Port: 受信 Drop Copy ソースのバックアップ ポート。
    • (Weekly Schedule): 受信 Drop Copy ソースに接続するスケジュール。

      スケジュールを設定するには

      1. 日付をクリックして [Start Time (UTC)] 欄と [End Time (UTC)] 欄を有効化します。
      2. 希望する接続の開始時間と終了時間を UTC 時間で設定します。開始時間と終了時間を毎日設定しても、またある日は開始時間を設定し、別の日に終了時間を設定することもできます。例えば、[Sun] をクリックして [Start Time (UTC)] を 0:00 に設定し、[Fri] をクリックして [Start Time (UTC)] を 23:59 に設定できます。
  5. [Status] セクションにて、セッションをアクティブにするかどうかを選択します。セッションは既定で非アクティブ化となります。
  6. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。
  7. TCP またはセキュア TCP (SSL) を通じて FIX セッションへの接続を設定します

FIX セッションの編集

FIX セッションを編集するには

  1. 左ナビゲーション画面にて [More] - [FIX Sessions] をクリックします。

    FIX Sessions Grid に FIX セッションの一覧が表示されます。

  2. セッションを選択して、必要に応じて設定を変更します。

    リストでセッションをフィルターすることもできます。

  3. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。