注文チケット

注文チケット

注文チケットのタイプ

3つのタイプの注文チケットを開くことができます。

簡易注文チケット

簡易 [Order Ticket] (注文チケット) を使って、マーケット データで [Order Ticket] を事前生成することにより、素早く注文を発注できます。オープン ポジションを持っている場合、任意のインサイド マーケット値またはポジション値をクリックすると (買、売、買枚数、売枚数)、簡易 [Order Ticket] が開きます。チケットは、一致する欄に自動的に欄に値を生成します。

以下のウィジェットから簡易 [Order Ticket] (注文チケット) を開くことができます。

例えば、[Market Grid] (銘柄情報) に注目している場合を想定します。[Bid] 値をクリックすると、[Order Ticket] の価格欄には、クリックした買値が表示されます。同様に、[BidQty] や [Pos] などの枚数列をクリックすると、[Order Ticket] の [Quantity] (枚数) 欄に値が生成されます。

: [Order Ticket] の周りの緑色の境界線は、発注してもチケットが閉じられないことを示しています。

連動注文チケット

連動済みの [Order Ticket] (注文チケット) を使って、[Market Grid] (銘柄情報) にて選択した限月の注文を発注できます。簡易注文チケットとは異なり、連動 [Order Ticket] は、注文の発注後も開かれた状態が保持されます。

: [Order Ticket] の周りの黄色の境界線は、発注してもチケットが閉じられないことを示しています。

非連動注文チケット

取引する各限月に別々の [Order Tickets] を使用する場合は、非連動 [Order Ticket] を起動できます。これらのリンク解除済みウィジェットは、静止限月を使用するので、[Market Grid] (銘柄情報) で他の限月をクリックする場合は変更しないでください。

: 色境界線が表示されない場合は、[Order Ticket] が別のウィジェットにリンクされていないことを示しています (この場合 [Market Grid] (銘柄情報))。