注文チケット

注文チケット

クロス注文の発注

クロス注文を発注するには

  1. [Market Grid] (銘柄情報) にて、[Market] (相場状況) の限月を右クリックして [Order Ticket] (注文チケット) を選択します。

    [Order Ticket] ウィンドウが表示されます。

    : [Market Grid] の価格または枚数を左クリックして、注文チケットを開くこともできます。

  2. [Order Ticket] ウィンドウにて [Cross] (クロス) 注文タイプを選択します。

    注文タイプに [Cross] が選択されていると、クロス注文の発注の際に必要な追加欄が表示されます。[Account] 欄と [TIF] 欄は空白、灰色表示または無効化されます。

  3. 次に買い手と売り手の価格、枚数、口座番号、始値と終値を入力します。

    クロス注文は、買と売の2つの注文を送信します。[First Order] (最初の注文) 設定をクリックして、どちらの側の注文を最初に送信するかを選択します。

  4. [ITC] または [Auto ITC] をクリックしてタイマーを設定します。

    [ITC] ボタンにより [ITC] が送信され、タイマーが開始されます。[Order Ticket] で [Submit] をクリックして、クロス注文を手動で送信する必要があります。

    [ITC] ボタンをクリックすると、[Auto ITC] により [ITC] が送信されます。これにより、15秒後に自動的にクロス注文が送信されます。[ITC] ボタンは、設定時間からティックダウンし、残りの時間を表示して [Abort] (中止) します。このボタンを再びクリックすると、クロス注文の送信が中止されます。

    : [Auto ITC] を使って、「クロス注文の意思」とクロス注文の間の時間の間隔を設定する場合は、取引所に問い合わせるか、銘柄の適切な時間間隔についての取引所ルールを参照してください。

  5. [Submit] (送信) をクリックします。

    [Auto ITC] が有効で、タイマーが設定されている場合、[Submit] ボタンをクリックすると、価格と枚数が表示された ITC メッセージが送信されます。

    [Submit] ボタンで、[Abort (x)] に戻されます。「x」 は注文の送信前に数える秒数を示しています。カウントダウン中に [Abort] ボタンをクリックすると、カウントダウンが中止され、クロス注文は送信されません。それ以外はカウントダウンダウンが完了すると、クロス注文が送信されます。[Auto ITC] の場合、合計時間はタイマーで管理されています (秒数)。[ITC] の場合、既定は 15 秒です。

    「クロス注文の意思」(ITC) メッセージが発注されると、[ITC] ボタンは秒を数えはじめ、[ITC] の送信からの有効期限時間が示されます。タイマーは 1 で開始して、一度に1秒を数え上げ、クロス注文が発注されるか、または120秒が経過すると (いずれか先に発生した方)、タイマーが停止します。カウントアップ機能により、[ITC] ボタン機能を使用した場合、クロス注文が送信されるまでの最終秒まで待機できます。