銘柄情報

銘柄情報

銘柄情報からの取引

取引する限月の [Order Ticket] (注文チケット) や [MD Trader] ウィジェットを開いて、[Market Grid] から取引できます。[Floating Order Entry] (簡易発注) ウィジェットや連結ウィジェット、ウィジェット グループとして特定の限月のウィジェットを開くことができます。取引するごとに、ポジションと約定待ち注文が [Market Grid] に表示されます。

簡易発注ウィジェット

限月の買値・売値、またはオープン ポジションをクリックした際、選択値で生成された簡易発注ウィジェットが起動し、注文をすばやく発注できます。[Orders Preferences] (注文のユーザー設定) に基づいて、[Order Ticket] (注文チケット) または [MD Trader] ウィジェットが起動します。

連結ウィジェット

[Market Grid] から連結された [MD Trader] または [Order Ticket] をすばやく起動できます。連結ウィジェットは黄色の境界線で表示されます。連結ウィジェットは終了しない開かれた状態を保ち、[Market Grid] で限月をクリックして連結ウィジェットにて限月をすばやく切り替えることができます。これにより、1つの限月を取引して、すばやく別の限月に切り替えることができます。

ウィジェット グループ

[Market Grid] と発注ウィジェットでウィジェット グループを作成して、1つのウィジェットとして両方で取引できます。発注ウィジェットを使って限月の注文を発注する際、[Market Grid] にて市場を表示できます。[Market Grid] で限月を変更すると、変更はグループの発注ウィジェットにて自動的に表示されます。

簡易注文一覧

ユーザーは [Floating Order Book] を開いて [Market Grid] にて任意の限月の約定待ち注文を取消または変更できます。また [Floating Order Book] を使って、[Order Management Algo] (注文管理アルゴ、OMA) を注文に接続することで、注文を管理することができます。

注文数

[MD Grid] (銘柄情報) では、市場の各値で合計買枚数または売枚数を構成する、注文数が表示されるオプション列を提供しています。注文数を表示することで、その価格帯で表示される買枚数や売枚数の構成に対して洞察を得ることができます。

取引所の中には、マーケット データ フィードにて注文数を提供しているところもあります。取引所がこのデータを提供していない場合は、TT では取引所が提供する詳細板情報に基づいて、注文数の計算を行います。取引所が注文数や詳細板情報のいずれも提供していない場合、[Market Grid] の注文数が表示されるオプション列は空白となります。

注文数の表示

買と売の価格帯の注文数は、オプションの [BidCnt] 列と [AskCnt] 列に表示されます。これらの列は、Market Grid ウィジェット設定の [Set Market Grid columns] オプションを使って表示されます。