Algo Dashboard

Algo Dashboard

Algo Dashboard の画面

Algo Dashboard 画面

[Algo Dashboard] (アルゴ ダッシュボード) は、3つの画面に分かれています。左に位置しているのは [Algo Explorer] (アルゴ検索) 画面です。ここで個人アルゴリズムや共有アルゴを検索または選択できます。これを選択すると、アルゴ変数は中央の [Algo Orders] (アルゴ注文) 画面に表示されます。ここで、アルゴの編集や開始ができます。変数に追加した変更はすべて、テンプレートとして保存して、今後に使用することができます。アルゴを一度開始すると、[Algo Variables] 画面にて状況を監視・管理できます。

アルゴ検索画面

[Algo Explorer] (アルゴ検索) 画面で、ツリー構造にあるアルゴをすばやく指定して管理できます。ツリーの最上部レベルは、[My Algos] (マイ アルゴ) と [Public Algos] (公開アルゴ) に分かれています。[My Algos] 分岐には、TT ID で展開されたすべてのアルゴが表示されます。[Public Algos] (公開アルゴ) 分岐には、他のトレーダーと共有または展開しているすべてのアルゴが表示されます。

アルゴ注文画面

[Algo Orders Pane] (アルゴ注文画面) ウィンドウの右側に、[Algo Dashboard] (アルゴ ダッシュボード) 画面があります。画面の上部に、[Algo Dashboard] ツールバーがあります。これを使用してアルゴの取消、停止、再開ができます。ツールバーの真下は、アルゴ注文グリッドです。ここに開始したアルゴが表示されます。

[Algo Orders Pane] (アルゴ注文画面) のカスタマイズに関する情報は、注文一覧の設定を参照してください。

アルゴ注文は、[Order Book] (注文一覧) ウィジェットからも管理できます。

アルゴ変数画面

[Algo Variable Pane] (アルゴ変数画面) は、[Algo Dashboard] (Algo Dashboard) の中央に位置しています。これを使用して、[Algo Explorer Pane] (アルゴ検索画面) にて選択したアルゴ変数の変更、テンプレートの作成、アルゴの起動などができます。[Algo Variables] (アルゴ変数) 画面には、アルゴ特定の変数と標準的な変数の、2つのタイプのアルゴが表示されます。アルゴ特定の変数は、ADL® (Algo Design Lab) にて追加された変数であり、発注枚数や銘柄タイプなどを含むことができます。共通の変数がアルゴ特定変数の下に表示され、[Algo Instance] と [Client Disconnect Action] で構成されています。特定変数と共通変数の両方に追加された変更は、今後に使用するためのテンプレートとして保存可能です。

アルゴのユーザー定義の入力と出力は、[Algo Orders Pane.] (アルゴ注文画面) でも表示されます。