Coinbase

Coinbase

Coinbase のユーザー アクセスの設定

As a risk administrator, you can set up members of your trading firm to trade Coinbase using their own Coinbase accounts or using the same Coinbase account.

If setting up users to trade using their own Coinbase accounts, ensure that you have each user's Coinbase credentials (API key, API secret, and passphrase) in order to configure their connection to Coinbase using the Users | Exchanges (Coinbase) | Trader IDs tab.

If setting up a group of traders to use the same Coinbase account, as a risk administrator you'll need a unique combination of API key, API secret, and passphrase for each user of the shared Coinbase account and create a trader ID for each user. Each trader ID can use the same Coinbase account passphrase, but with a different key and secret.

Note: In order for users to share a Coinbase account, create unique API keys and secrets using the same passphrase, and assign each unqiue combination of passphrase, API key, and API secret to each user as their trader ID.

管理者アクセス許可をもつトレーダーとして、[Users] - [Exchanges (Coinbase)] - [Trader ID] タブを使って、 Coinbase API キー、Coinbase 口座の秘密、パスワードを TT の トレーダー ID に割り当てます。トレーダー ID を使って Coinbase 口座に接続し、TT プラットフォームを通じて取引します。

Coinbase へのユーザー アクセスを設定するには

  1. データ グリッドで選択したユーザーの [Users] - [Exchanges] タブをクリックします。
  2. 取引所リスト ドロップダウン矢印をクリックし、スクロールして取引所を選択します。
  3. 以下の 注文ルーティング 設定を行います。

      • Key: Coinbase により生成された API キーを設定します。
      • Secret: Coinbase により生成された API キーの秘密を設定します。
      • Passphrase: Coinbase により生成された API キーの秘密を設定します。
      • Text A: TT システムの発注済み注文で保持されるオプションのユーザー定義値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
      • Text B: TT システムの発注済み注文で保持されるオプションのユーザー定義値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
      • Text C: TT システムで発注済み注文に保持されるオプションのユーザー定義のテキスト値ですが、取引所には送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
      • Text TT: TT システムで発注済み注文に保持されるオプションのユーザー定義のテキスト値。しかし取引所に送信されません。アルファベット数値と特殊文字を使用できます。
      • Max Order Rate: ユーザーが接続別に入力できる、1最大注文数 (秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
      • Client Can Override: 取引アプリケーションや API から注文を発注する際に、この欄の値を指定変更できるかどうかを決定します。このチェックボックスを有効にして、欄のロックを解除し、ユーザーが値を指定変更できるようにします。チェックがオフの場合、欄はロックされていて、ユーザーは値を変更できません。
  4. [Market Data] タブをクリックして、以下の銘柄グループのマーケット データへのアクセスを許可または拒否できます。

    • All Market Data: いずれかのラジオ ボタンをクリックして、取引所からの利用可能なすべてのマーケット データへのアクセスを許可または拒否します。
    • Sessions: 別の IP アドレスやアプリケーションを使って、ユーザーが利用できる、同時マーケット データ セッション数を設定します。Delay Only: 遅延環境を除くすべての環境で、マーケット データが拒否されたことを示しています。つまりリアルタイムのマーケット データへのアクセス許可がありません。
  5. [Trader ID] をクリックして、 [Trader ID] 列の入力をクリックするか、表の右上部の [Manage trader ID] をクリックします。

    左ナビゲーション パネルの [More] - [Trader Ids] タブので、以下の設定を行うと、トレーダー ID が追加されます。

    • Exchange — Select "Coinbase".
    • Personal API Key — Sets the API Key security permissions. If checked, then this API Key can only be used by the user creating the key. If unchecked, the key can be assigned to a non-administrative user. Once the key is assigned to a user, it cannot be reassigned.
    • Key — Sets the user's Coinbase API key.
    • Secret — Sets the user's API secret.
    • Passphrase — Sets the user's API key passphrase.

    表の入力をクリックする際にトレーダー ID セレクターから [Add New] を選択することもできます。

  6. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。