BIST

BIST

BIST 接続の追加

: 開始する前に、取引所に問い合わせて必要なセッション資格情報を取得してください。

BIST 接続を追加するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Connections] をクリックします。
  2. [+New Connection] をクリックします。
  3. [General Settings] (全般設定) セクションにて設定を行います。

    • Connection enabled: この設定をオンにして接続を有効化します。この設定をオフにして接続を無効化します。
    • Name: これは、接続の作成に必須の欄です。
    • Exchange: BIST を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
    • Type: 取引所で取引が可能な銘柄を設定します。[Group 1] または [Group 2] のいずれかを選択します。

      : 取引所に問い合わせて、各グループで利用可能な派生商品銘柄を確定します。

      取引所で利用可能なすべての銘柄を取引できるようにするには、「Group 1」と「Group 2」の接続を別々に追加する必要があります。

  4. [Additional Settings] (追加設定) セクションにて設定を行います。

  5. 接続ごとに以下の BIST 取引所設定を行います。

    • Primary IP: 注文セッションを取引所に接続する為の、主要 IP アドレスを設定します (取引所提供)。この欄は必須です。
    • Primary Port: 注文セッションを取引所に接続する為の、主要ポートを設定します (取引所提供)。この欄は必須です。
    • Secondary IP: 主要 IP アドレスが利用不可の場合、セッションに接続するためのバックアップ IP アドレスを設定します。
    • Secondary Port: 主要 IP アドレスが利用不可の場合、セッションに接続するためのバックアップ ポートを設定します。
    • Sender Comp: 接続を通じて送信されるすべての発信メッセージにて、FIX タグ 49 にて会社の名前を識別させます。セッションに接続するために必須の、取引所が提供する資格情報を入力します。この欄は必須です。
    • Target Comp: この接続でメッセージを送信する取引所の名前を識別します。この欄には、TT プラットフォームに送信するすべての受信メッセージにおいて、FIX Tag 56 の値が提供されます。セッションに接続するために必須の、取引所が提供する資格情報を入力します。この欄は必須です。
    • User ID: 取引所へのログインに使用される、セッション接続のユーザーID (取引所提供)。この欄は FIX Tag 553 にマップされます。この欄は必須です。
    • Password: 取引所へのログインに使用される、セッションの取引所提供ユーザー パスワードを示します。この欄は FIX Tag 554 にマップされます。この欄は必須です。
    • SenderSubID: FIX Tag 50 を生成することで、取引所でユーザーを識別するための取引所定義のトレーダー ID。
  6. [Create] をクリックします。

    データ グリッドで接続を選択して、[Settings] タブで接続設定を確認できます。

  7. [Account] タブをクリックして、接続に既存の口座を割り当てます。1つの接続に複数の口座を追加できます。

    : 1つ以上の口座が割り当てられるまで、接続は有効になりません。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。