ASX

ASX

ASX 接続の追加

ASX 接続を追加するには

  1. 左ナビゲーション画面の [Connections] をクリックします。
  2. [+New Connection] をクリックします。
  3. [General Settings] (全般設定) セクションにて設定を行います。

    • Connection enabled: この設定をオンにして接続を有効化します。この設定をオフにして接続を無効化します。
    • Name: これは、接続の作成に必須の欄です。
    • Exchange: [ASX] を選択します。1接続に1取引所のみ設定できます。
    • [Type] 欄で既定の設定を使用します。
  4. [Additional Settings] (追加設定) セクションにて設定を行います。

  5. 接続ごとに以下の ASX (オーストラリア証券取引所) 設定を行います。

    • Firm ID: 取引所にメッセージを送信する会社の名前を特定します。この欄は、この接続のすべての受信メッセージにおける Tag 49 (TargetCompID) の値を生成します。取引所が提供する値を入力します。この欄は注文の送信に必須です。
    • Order Routing ID: この欄は、接続のすべての発信メッセージにおける Tag 50 (SenderSubID) の値を生成します。取引所が提供する値を入力します。この欄は注文の送信に必須です。
    • Password: 取引所提供のセッション パスワードを入力します。注文の送信に必須です。
    • Primary IP: 取引所に接続する為の IP アドレス (取引所提供) を設定します。この設定は注文の送信に必須です。
    • Primary Port: 取引所に接続する為のポート (取引所提供) を設定します。この欄は必須です。
    • SharedOrder: ユーザーの共有注文グループ (SOG) ID を入力します。ASX Trade24 管理アクセス許可を持っている場合、取引所ユーティリティを使って、取引所で共有注文グループを作成できます。SOG のユーザーは、グループのメンバーが発注したすべての注文の表示や取消しができます。

      会社の1組のユーザーに注文一覧を共有させるには、TT にて各ユーザーの [SharedOrder] オプションを設定して、取引所で各自に設定した SOG 値と一致させます。

      例えば、ASX Trade24 のSenderSubIds BU1 と BU6 の共有注文グループに「7」と設定する場合、TT の [Order Routing ID] オプション (SenderSubIDs) BU1 と BU6 の両方の [SharedOrder] オプションに「7」と設定します。

    • Cancel Orders On Disconnect: 新規注文に FIX Tag 18 を設定することで、取引所からセッションが切断された場合、注文を保持するか処分するかどうかを設定します。この設定がオンの場合、セッションが取引所ホストから切断された際に注文は処分されます。この設定がオフの場合、切断時でも注文は保持されます。既定でこの設定はオフ (無効) になっています。
    • Max Order Rate: (オプション) ユーザーが 1接続に発注できる、最大注文数 (毎秒) を設定します。この限度は、取引所定義の注文率の最大を超過できません。
  6. [Create] をクリックします。

    [Settings] タブにて接続設定を確認できます。

  7. [Account] タブをクリックして、接続に既存の口座を割り当てます。1つの接続に複数の口座を追加できます。

    : 1つ以上の口座が割り当てられるまで、接続は有効になりません。

  8. [Save Changes] (変更の保存) をクリックします。