銘柄情報

銘柄情報

銘柄情報のマーケット データ

[Market Grid] (銘柄情報) には、複数の取引所にわたる複数の銘柄のマーケット データが正確に表示されます。ユーザーは列の追加や非表示を行って多岐にわたるマーケットデータ欄を表示でき、また銘柄の表示を展開して板情報を表示できます。

板情報

[Market Grid] (銘柄情報) を拡張表示し、取引所がデータを提供している範囲で、1つ以上の限月に対して板情報を表示できます。行を拡張すると、集約された買枚数や売枚数が各価格帯に表示されます。

詳細板情報

取引所の中には詳細な板情報を提供しており、価格帯毎のすべての注文を表示することができます。行を展開して詳細な板情報を表示する場合、取引所が提供するデータを提供している範囲で、価格帯毎の各注文の枚数を表示することができます。現在 TT では、CME、SGX、ASX 取引所の詳細板情報をサポートしています。

[Market Grid] (銘柄情報) で表示可能な詳細板情報の価格帯がさらに存在する場合、最後の行は括弧で示された残枚数の要約行を示しています。

詳細板情報を提供している取引所に関して、[Market Grid] では、各価格帯でインプライド買枚数・売枚数と、ダイレクト買枚数・売枚数とを別としています。これらの取引所や銘柄の詳細板情報を表示する際、インプライド枚数は、ダイレクト枚数の下に一覧され、アスタリスク (*) が表示されます。

ライブ専用モード

[Market Grid] (銘柄情報) では、現在取引されていない銘柄を非表示にできる、[Live Only] (ライブ専用) モードをサポートしています。[Live Only] モードを有効にすると、[Market Grid] には、有効な買や売、直近値 (LTP) の銘柄のみが表示されます。

ダイレクト値

銘柄に表示される最良買値と最良売値は、すべてのインプライド買枚数と売枚数を含む、合計買枚数と売枚数に基づいています。このウィジェットに、[Only show direct prices] (ダイレクト値のみ表示) を使って、ウィジェットに追加された各銘柄のインプライド値と枚数を除外することができます。コンテキスト メニューを右クリックして開き、[Settings...] を選択して [Only show direct prices] を有効化または無効化します。

[Only show direct prices] 設定が有効 (オン) の場合、インプライド値は除外され、ダイレクト値のみが表示されます。またインプライド買枚数と売枚数は最良買枚数と売枚数には含まれていません。この設定が無効 (オフ) の場合、最良売値と買値、最良売枚数と買枚数には、ダイレクト値とインプライド値の双方の数値が含まれます。

インプライド値

[Market Grid] では、アウトライト銘柄とスプレッドにて、注文から合成的に生成された取引可能値である、インプライド値がサポートされています。インプライド値には2つのタイプがあります。

  • インプライド イン: スプレッド市場は、アウトライトの市場の注文に基づいています。アウトライトの買または売は、2つのアウトライトに対し、スプレッドで買または売をインプライドします。アウトライト値の差分は、スプレッド値の生成に入ります。
  • インプライド アウト: アウトライト市場は、スプレッド市場の注文に基づいています。アウトライトの買や売、またはスプレッドの買や売は、他のアウトライトの買または売をインプライドします。アウトライト値はスプレッド値や他のアウトライトの値を使って生成されます。

[Market Grid] には、スプレッド市場とアウトライト市場のインプライド買とインプライド売の注文枚数が表示され、これらの注文に基づいて、インプライド値が表示されます。例えば、CL Dec16 限月の買 10 枚と CL Jan17 限月の売 5 枚によって、CL Dec16-Jan17 スプレッドのインプライド買 5 枚が作成されます。5枚のインプライド注文枚数は [Market Grid] にて、CL Dec16-Jan17 限月間スプレッドの ImpBidQty 列に表示されます。

参考値

[Market Grid] に、取引所が提供する参考値または論理始値が表示されます。参考値や理論始値は通常、寄前や板寄の市場ステータス中に提供されます。取引所が寄前や板寄の価格を提供する場合、[Market Grid] では、オプションの [IndOpen] (参考始値) 列に値が表示されます。

取引所によりパブリッシュされた最後の清算値が、[IndSettle] 列に表示されます。例えば、取引所が日中清算値を送信した場合、この列に表示されます。

[Market Grid] にて参考値列を表示・非表示にするには、[Market Grid] を右クリックして、コンテキスト メニューの [Set Market Grid columns] をクリックし、[IndOpen] と [IndSettle] を選択します。[Market Grid] 列の説明に関しては、銘柄情報の参照を参考にしてください。

銘柄情報のオプション サポート

[Market Grid] (銘柄情報) では、グリッドで列を表示することで、表面に表示させるオプション限月に特に焦点を置いたマーケット データも提供しています。

Market Grid 設定で次のMarket Grid 列 を表示させ、オプション値を表示できます。