Hedge Manager

Hedge Manager

Hedge Manager の参照

コンテキスト メニュー設定

ウィジェットを右クリックしてコンテキスト メニューを開き、以下の設定を選択します。

  • Export Rows (行のエクスポート): 選択した行の .csv ファイルにデータをエクスポートします。[シフト] +クリックを使って複数行を選択できます。
  • Clear all filters (全フィルタの消去): 各列に設定したフィルターをすべてオフに設定します。
  • Go to date (日付に移動): ヒストリカル フィル データを表示します。
  • Show/Hide control panel (コントロール パネルの表示と非表示): ウィジェットで注文パネルの変更を表示するかどうかを決定します。
  • Settings (設定): ウィジェットの設定をカスタマイズできます。

利用可能な設定

これらの設定で、選択した [Hedge Manager] ウィジェットのみに影響が与えられます。新規に起動した [Hedge Manager] ウィジェットに、これらの値で既定の設定を更新するか、またはオプションを開いて既存の起動済みウィジェットに適用させるには、[Save as default] をクリックします。

設定の確認

設定 説明
Cancel All (全取消) すべての買注文や売注文を含め、すべての注文を取り消す際に、確認が必要かどうかを設定します。

表示設定

設定 説明
Show tabs (タブの表示) ウィジェットの下部にタブ バーを表示するかどうかを設定します。
Set Hedge Manager columns (ヘッジ マネージャの設定列) [Hedge Manager] (ヘッジ マネージャ) に表示するを選択します。
ツールバー ボタンの設定 [Hedge Manager] (ヘッジ マネージャ) に表示するボタンを選択します。

ヘッジ マネージャーの列説明

説明
% Filled (約定%)

約定した合計注文枚数のパーセント数。

Account (口座)

取引に関連する口座番号。

AcctType (口座タイプ)

トレーダーの清算会社との関係を定義する口座タイプ コード。

Algo (アルゴ)

注文の OMA アルゴを起動するための記号を表示します。

AlgoName (アルゴ名)

TT 合成注文とアルゴリズム注文のための、注文を制御するアルゴリズムの名前。

Ave Price (平均値)

平均約定値。

B/S (買/売)

取引が買注文または売注文のいずれであるかを示します。

Child Orders (子注文)

親注文で、現在約定待ちしている子注文数。

ConnectionID

注文または約定の送信に使用される接続 ID。

Contract (限月)

銘柄またはストラテジーの名前と限月の有効期限。

Cross (クロス)

インサイド マーケットをクロスする注文価格を変更するためのボタン。

Current User (現在のユーザー)

取引に関連するトレーダーの TT ユーザー名、またはステージ注文の所有。

CXL

この注文の取消ボタン

Date (日付) 注文がレッグされた日付。
Exch (取引所)

取引所の名前。: TT 親注文タイプの注文の場合、この列の取引所名にアスタリスク「*」が追加され (例: CME *)、発注済みの親注文の送信先が示されます。取引所に送信された関連子注文の [Exch] 列にはアスタリスクは表示されません。

ExchAcct (取引所口座)

取引所がユーザーに割り当てた口座 ID。

ExchDate (取引所日)

トレーディング ホストがメッセージを送受信した日付(取引所処理日)。

ExchOrderID (取引所注文ID)

取引所が指定した注文の ID。

ExchTime (取引所時間)

取引所ホストまたは取引所ゲートウェイにより約定が受理された時間。取引所の現地時間で表示される可能性があります。

ExeQty (取引所枚数)

注文の執行枚数 (約定の合計)。

Expander (展開)

親注文を拡張または縮小するボタン。

Fill w/Limit (指値約定)

注文の全枚数を約定させるのに十分な流動性がある価格帯に、注文価格の再設定を行うためのボタン。

Give Up (ギブアップ)

ギブアップ取引者の口座。

MDT

[MD Trader] ウィジェットで限月を起動するためのボタン。

Modifier (モディファイア)

注文に適用されるモディファイア。

例: ストップ、イフタッチ、トレイリング ストップ、トレイリング イフ タッチ、トレイリング リミット、マシンガン

O/C (新/決)

注文と一緒に確立するポジションのタイプ。

OMAOrderID

取引に関連する OMA (order management algo) 注文を固有に識別するための ID。

OrdQty (注文枚数)

合計注文枚数

Originator (発信者)

注文またはステージ注文を発注したユーザーの TT ユーザー ID。

Parent ID (親 ID)

親注文を固有に識別できる TT が生成した ID。ID はまたすべての子注文に関連しています。

例えば、TT アイスバーグ注文を発注する場合、各子注文の ParentID には、親アイスバーグ注文の TTOrderID が含まれます。

ペイアップ

インサイド マーケットに1ティック近づいて、注文価格を変更するためのボタン。

Price (価格)

注文または約定の価格。

Product (銘柄)

取引される銘柄名。

ProductType (銘柄タイプ)

銘柄タイプ (先物、オプション等)。

Route (ルーティング)

TT SIM や Algo SE などの注文の送信先場所。

Select (選択) ボックスのチェックをオンにして特定のヘッジ注文を選択します。
StageMsg (ステージ メッセージ)

ステージ注文に含まれるテキスト メッセージの執行指示。

Status (ステータス)

銘柄のステータス (寄前、オープン、クローズ、オークションなど) 。

SynthStatus (合成ステータス)

合成親注文のステータス。

TextA

[Setup] アプリから、または [Order Ticket] の [TextA] 自由形式テキスト欄に入力済みの、オプションでユーザー定義のテキスト値が表示されます。この値は TT システムの注文に保持されます。取引所により受理または要求される場合は、この列の値は、清算目的またはバックオフィス目的で取引所に送信される可能性があります

TextB

[Setup] アプリから、または [Order Ticket] の [TextB] 自由形式テキスト欄に入力済みの、オプションでユーザー定義のテキスト値が表示されます。この値は TT システムの注文に保持されます。取引所により受理または要求される場合は、この列の値は、清算目的またはバックオフィス目的で取引所に送信される可能性があります

TextTT

[Setup] アプリから、または [Order Ticket] の [TextTT] 自由形式テキスト欄に入力済みの、オプションでユーザー定義のテキスト値が表示されます。この列に表示された値は、TT システムでは追跡目的で発注済み注文にそのまま表示されますが、取引所には送信されません。

注文ツールバーの選択した約定待ち注文の [Text TT] テキスト ボックスは、表示または非表示にできます。選択した注文の [TextTT] 列に表示されるテキストを追加または変更できます。

: ADL アルゴで発注された Autospreader 注文に関しては、親アルゴ注文の注文 タグと一緒に生成されます。

TicksAway (追加ティック数)

注文が現在インサイド マーケットから離れているティック数。

TIF (有効期限)

注文の有効期限 (TIF)。

Time (時間) 注文がレッグされた時間。
TrigPrice (トリガー値)

注文の発注価格 (ストップ注文やイフタッチ注文など、注文がトリガー値に関連付いている場合のみ表示されます)。

TTOrderID

取引に関連する、注文を固有に識別するための TT が生成した ID。

Type (タイプ)

この取引に関連する注文タイプ (指値、成行など)。

UndQty

公開済みの注文枚数の非公開枚数 (例: アイスバーグTT アイスバーグ、時間切り注文など)

WorkQty

注文の約定待ちの枚数。

ヘッジ マネージャー ツールボタン

ボタン 説明
<space> オプションで 2つのボタンの間に視覚的空白を入力します。
選択した注文、または表示されているすべての買注文、売注文、注文を削除します。フィルタにより非表示になっている注文は削除されません。
約定待ちしていない約定や削除済みの注文を含むすべての行を除去します。

約定待ちヘッジ注文の合計サイズの指値注文を発注して、最良インサイド マーケット値でクロスさせます。

マーケットの流動性が約定待ちヘッジ注文のサイズより小さい場合でも、ヘッジを送信できます。この場合注文は可能な限り約定して、既存注文は注文が発注された価格帯として保持されます。

利用可能な流動性のマーケットをスウィープする価格帯にて、約定待ちヘッジ注文の合計サイズに対して、指値注文を送信します。

価格帯は、全枚数を約定させるのに必要な価格帯の数によって、インサイド マーケットから1つ以上ティックが離れている可能性があります。

[OMA] アルゴを選択して選択した注文を起動します。
ボタンを追加して利用可能な OMA アルゴを起動します。
選択済みの注文を1ティック下に価格を再設定します。
注文 (ネイティブ注文または合成注文) をマーケットからは取消しますが、今後の執行のために TT サーバーに保存します。保留注文が短期記憶装置に保存されます。注文サーバー プロセスが停止すると、保留注文に関する情報は失われます。[Submit] (発注) ボタンを押すまでは、 注文はマーケットに送信されずに保留状態となります。
選択した注文のカスタム アルゴを起動します。
選択した注文で確立するポジションのタイプを示します。
約定待ち注文を停止します。
選択した注文の複製で [Order Ticket] を開きます。同じ注文を送信するか、必要に応じて注文を変更できます。
停止したアルゴ注文を再開します。
保留注文を取引所に送信します。取引所に送信された保留注文には、新しいオーダー番号が割り当てられます。送信に失敗すると、[システム履歴] にてその旨を通知するメッセージが表示されます。
選択済みの注文を1ティック上に価格を再設定します。
選択した注文の操作履歴を表示します。