Blocktrader

Blocktrader

Blocktrader での注文の発注

[Blocktrader] ウィジェットを使って、取引所や取引を行うマーケットによりサポートされている OTC (ブロック、取引所外、ホールセール注文等) 注文を発注できます。

ブロック取引を送信するには

  1. ワークスペース タイトルバーの [Widgets] をクリックして、[Miscellaneous] - [Blocktrader] を選択します。
  2. 起動済みの [Blocktrader] ウィジェットにて、取引所選択をクリックして取引所を指定します (NFX 等)。
  3. 取引タイプ選択をクリックして、トランザクション タイプを選択します (ブロック注文等)。
  4. 銘柄ピッカーを使ってトランザクションの各レッグに限月を選択します。
  5. 枚数を入力して、各レッグの買/売の側を選択します。

    [Side] 列を1クリックすると、反対の買/売方向にレッグを切り替えることができます。

  6. [Price] (価格) 欄には、 そのトランザクションの価格を設定します。

    必要に応じて、[Price per leg] をクリックして、注文の各レッグの価格を設定します。

    : 表示されているティックよりも小さなティック サイズをサポートしている銘柄に関しては、[Price off tick] を確認して、レッグごとにオフ ティック値を入力できます。

  7. 取引のトランザクション時間を設定します。
  8. [Counterparty] セクション グリッドを使って、以下の内容を実行します。

    [Counterparty] (取引相手) 列にて、注文の買側と売側の取引相手を選択します。

    取引相手欄のドロップダウン矢印を使って、適切な買口座と売口座を選択します。検索欄に文字を入力して、必要な入力をすばやく検出できます。

    [Side] 列にて、取引相手が買い手または売り手のいずれであるかを設定します。[Side] 列を1クリックすると、反対の買/売方向にレッグを切り替えることができます。

    注文の各レッグの取引相手を選択するには、[Counterparties per leg] をクリックします。

    レッグごとに取引相手を選択する場合は、限月レッグの横のラジオボタンをクリックし、各レッグの [Counterparty] 列の取引相手を選択します。

  9. [TT account for routing] 選択をクリックして、口座を選択します。

    表示されている口座は [Setup] アプリケーションで割り当てられ、取引所に有効な接続が設定されています。

  10. オプションで [Text TT] 欄に値を入力します。

    この欄は取引所に送信されませんが、値は TT システムの注文に存続します。

  11. [Submit] (送信) をクリックします。

    [Confirmation] 画面が表示されます。

    : Blocktrader で、既定で注文を確認するように要求が表示されます。Blocktrader ウィジェットの [Confirm order] のチェックをオフにして、注文の確認を無効化できます。

  12. 注文を確認して [Submit] をクリックします。
  13. 銘柄ピッカーの使用

    銘柄ピッカーを使って、[Market Explorer] を開き限月を検索したり、 取引所や銘柄、限月を手動で選択することができます。

    ブロック注文の取引時間の設定

    ブロック注文を発注するには、トランザクションの時間パネルの [Deal Time] 欄を使って、トランザクションの時間を設定します。設定した時間は、各レッグと、取引の売側・買側のいずれかに適用されます。最初に現在の時間が時間値として投入され、編集を行うまで変化しません。

    [Deal Time] 欄をクリックして、取引が発生した時間を入力するか、 をクリックして現在の時間に値を戻します。