システム履歴

システム履歴

システム履歴の参照

コンテキスト メニュー設定

ウィジェットを右クリックしてコンテキスト メニューを開き、以下の設定を選択します。

  • Export Rows (行のエクスポート): [Audit Trail] (システム履歴) で選択した行の csv ファイルにデータをエクスポートします。[シフト] +クリックを使って複数行を選択できます。
  • Clear all filters (全フィルタの消去): 各列に設定したフィルターをすべてオフに設定します。
  • Go to date (日付に移動): 履歴データを表示できます。
  • Settings (設定): ウィジェットの設定をカスタマイズできます。

利用可能な設定

これらの設定で、選択した [Audit Trail] ウィジェットのみに影響が与えられます。新たに起動した [Audit Trail] ウィジェットにこれらの値で既定の設定を更新させるか、既存の起動済みウィジェットに適用させるには、[Default] をクリックします。

  • Ignore global Account List broadcasts (口座リストの全体ブロードキャストを無視): ウィジェットを構成して [Account List] に追加された口座の選択を無視します。これが有効の場合、ウィジェットは [Account List] ウィジェットにより配信された口座の選択を無視します。

  • Set Audit Trail columns (システム履歴の設定列): 表示するを選択します。

システム履歴列の説明

説明
Account (口座)

取引に関連する口座番号。

AcctType (口座タイプ)

トレーダーの清算会社との関係を定義する口座タイプ コード。

AlgoName (アルゴ名)

TT 合成注文とアルゴリズム注文のための、注文を制御するアルゴリズムの名前。

Broker (ブローカー)

注文に関連するブローカー ID。

B/S (買/売)

取引が買注文または売注文のいずれであるかを示します。

C.D.I.

Commodity Derivative Indicator (CDI)。注文がリスク軽減のためのヘッジ目的であるかどうかの表示。

Client (顧客)

Client (顧客)。顧客の ID (ショートコード)。

ClOrderID

クライアントにより割り当てられ取引所に送信された注文の固有の識別子。

ConnectionID

注文または約定の送信に使用される接続 ID。

Contract (限月)

銘柄またはストラテジーの名前と限月の有効期限。

Confirmed (確認済み) 約定が確認済み (True) または未確認 (False) のいずれであるかを示しています。
Counterparty (取引相手)

代わりに注文を発注した取引相手の口座番号と参加者 ID が表示されます。

Current User (現在のユーザー)

取引に関連するトレーダーの TT ユーザー名、またはステージ注文の所有。

Date (日付)

取引が発生した日付、またはメッセージが送信された日付。

  • Order Book (注文一覧): 注文が発注された注文日。
  • Fills (約定状況): 約定を受信した日付。
  • Audit Trail (システム履歴): メッセージの送信日または受信日。
  • Blocktrader (ブロックトレーダー): ブロック注文が TT に送信された日付。
D.E.A.

Direct Electronic Access (D.E.A)。注文がダイレクト アクセスまたはスポンサー アクセス、 または他の情報源のいずれから送信されたかを表示します。

DealDate

取引所にブロック注文を送信する前に、ユーザーが [Deal Time] 欄に手動で設定した日付。

DealTime

取引所にブロック注文を送信する前に、ユーザーが [Deal Time] 欄に手動で設定した時間。

Exch

取引所の名前。: TT 親注文タイプの注文の場合、この列の取引所名にアスタリスク「*」が追加され (例: CME *)、発注済みの親注文の送信先が示されます。取引所に送信された関連子注文の [Exch] 列にはアスタリスクは表示されません。

ExchAcct (取引所口座)

取引所がユーザーに割り当てた口座 ID。

ExchLatency (取引所遅延)

TT と取引所間でメッセージが送受信される際のミリ秒数。

: ライブ取引環境でのみ有効です。

ExchOrderID (取引所注文ID)

取引所が指定した注文の ID。

ExecDec (執行決定)

Execution Decision (執行決定)。注文を発注したアルゴ、または本人を示すショートコード。

ExeQty (取引所枚数)

注文の執行枚数 (約定の合計)。

ExecType (執行タイプ)

執行記録の目的を識別します (「メッセージ タイプ」が ExecutionReport の場合)。

Fill Qty (約定枚数)

約定された枚数を示します。

Give Up (ギブアップ)

ギブアップ取引者の口座。

InvestDec (投資決定)

Investment Decision (投資決定)。取引決定を行った本人の ID を示すショートコード。

LiqProv

Liquidity Provision。マーケット メイキングの表示。

Manual Fill (マニュアル フィル)

マニュアル フィルのタイプ: O (オープン)、C (クローズ)、S (SOD)、M (マニュアル フィル)、A (管理約定)

Message (メッセージ)

取引所から送信された場合に受信したメッセージ。

Message Type (メッセージ タイプ)

取引所に送信されたメッセージ、または取引所から受信したメッセージのタイプ。

Modifier (モディファイア)

注文に適用されるモディファイア。

例: ストップ、イフタッチ、トレイリング ストップ、トレイリング イフ タッチ、トレイリング リミット、マシンガン

O/C (新/決)

注文と一緒に確立するポジションのタイプ。

OMAOrderID

取引に関連する OMA (order management algo) 注文を固有に識別するための ID。

OrdQty

合計注文枚数

OrigDate

注文が発注された日付。

Originator (発信者)

注文またはステージ注文を発注したユーザーの TT ユーザー ID。

OrigTime

注文が発注された日付。

P/A

Brokertec 注文がパッシブ (PA) またはアグレッシブ (AA) のいずれであるか。

Parent ID (親 ID)

親注文を固有に識別できる TT が生成した ID。ID はまたすべての子注文に関連しています。

例えば、TT アイスバーグ注文を発注する場合、各子注文の ParentID には、親アイスバーグ注文の TTOrderID が含まれます。

P/C

オプション銘柄がプット (P) またはコール (C) のいずれであるかを示します。

Price (価格)

注文または約定の価格。

Product (銘柄)

取引される銘柄名。

ProductType (銘柄タイプ)

銘柄タイプ (先物、オプション等)。

Route

TT SIM や Algo SE などの注文の送信先場所。

Status (ステータス)

銘柄のステータス (寄前、オープン、クローズ、オークションなど) 。

Strike (ストライク)

オプション銘柄のストライク値を表示します。

SynthStatus (合成ステータス)

合成親注文のステータス。

TextA

[Setup] アプリから、または [Order Ticket] の [TextA] 自由形式テキスト欄に入力済みの、オプションでユーザー定義のテキスト値が表示されます。この値は TT システムの注文に保持されます。取引所により受理または要求される場合は、この列の値は、清算目的またはバックオフィス目的で取引所に送信される可能性があります

TextB

[Setup] アプリから、または [Order Ticket] の [TextB] 自由形式テキスト欄に入力済みの、オプションでユーザー定義のテキスト値が表示されます。この値は TT システムの注文に保持されます。取引所により受理または要求される場合は、この列の値は、清算目的またはバックオフィス目的で取引所に送信される可能性があります

TextC

FIX クライアント アプリケーションで設定された、読み取り専用で顧客定義のテキスト値を表示します。この値は取引所には送信されません。

TextTT

[Setup] アプリから、または [Order Ticket] の [TextTT] 自由形式テキスト欄に入力済みの、オプションでユーザー定義のテキスト値が表示されます。この列に表示された値は、TT システムでは追跡目的で発注済み注文にそのまま表示されますが、取引所には送信されません。

注文ツールバーの選択した約定待ち注文の [Text TT] テキスト ボックスは、表示または非表示にできます。選択した注文の [TextTT] 列に表示されるテキストを追加または変更できます。

: ADL アルゴで発注された Autospreader 注文に関しては、親アルゴ注文の注文 タグと一緒に生成されます。

TIF (有効期限)

注文の有効期限 (TIF)。

TTLatency (TT 遅延)

クォートや約定に対して TT が応答するのにかかった所要ミリ秒。

: ライブ取引環境でのみ有効です。

TTOrderID (TT 注文 ID)

取引に関連する、注文を固有に識別するための TT が生成した ID。

Time (時間)

取引が行われた時間。

  • Order Book (注文一覧): 注文が発注された注文日。
  • Fills (約定状況): 約定を受信した日付。
  • Audit Trail (システム履歴): メッセージの送信日または受信日。
  • オプション チェーン: コールまたはプット オプションの直近の時間。
TrdgCap

Trading Capacity (取引容量)。自分の口座や一致プリンシパルの取引許容数。またはその他の取引許容数で処理するユーザーの表示。

TrigPrice (トリガー値)

注文の発注価格 (ストップ注文やイフタッチ注文など、注文がトリガー値に関連付いている場合のみ表示されます)。

Type (タイプ)

この取引に関連する注文タイプ (指値、成行など)。

UndQty

公開済みの注文枚数の非公開枚数 (例: アイスバーグTT アイスバーグ、時間切り注文など)

WorkQty

注文の約定待ちの枚数。

列のフィルタリング

列がフィルター可能である場合、列ヘッダー上をマウスでポイントすると、ドロップダウン矢印が表示されます。

列をフィルターすると、矢印をクリックして1つ以上の値を選択し、[OK] をクリックします。

列がフィルターされると、列ヘッダーが強調表示され、フィルター アイコンが表示されます。フィルターを消去すると、アイコンをクリックして [Clear Filter] を選択します。

[Product] 列をフィルター表示すると、検索または銘柄検索を使用できるオプションがあります。銘柄タイプは一覧の各銘柄の横に括弧で囲まれて表示されます。