ユーザー

ユーザー

注文タグ設定

リスク管理者として、ユーザーに既定の注文プロファイルを選択する際に、[Trade] アプリケーションがベストマッチを検出するのに使用する、重要な欄を定義できる柔軟性があります。注文のプロファイル許可に基づいて、フロント エンド ユーザーがエントリ時に自分で値を指定するか、または管理者が定義したプロファイルを使用することができます。

[Order Default Tags] 画面を使って、固有のタグを設定して、ユーザーは、プロファイル、アルゴ タイプ、口座、ユーザー、取引所、銘柄グループ、銘柄タイプ、銘柄の順に、重要欄のベストマッチに基づいて注文に適用できます。

MIFID II の注文タグ設定の例

以下の例では、[Order Tag Defaults] は、執行決定を行うトレーダーでもある、個人トレーダーのショートコード (例 12345678) で設定されます。

以下の例は、別の [Order Tag Defaults] ウィンドウにて、別の顧客口座をもつブローカーの例を示しています。登録されている LEI ショートコード値は、各顧客ごとに異なり、[Field] 列にクライアント ID として表示されます。[Execution Decision ID] 欄には、ブローカーの登録 ID が表示され、各注文に同様に表示されます。

注文タグ設定の例 CTI/発信元

この例では、個々のトレーダーは CME で各自の口座を設定して取引することができます。

: [Client Can Override] チェックボックスは、「CME」の選択取引所に基づいてチェックできません。これは注文の送信にユーザーの CTI や発信元が必須となるからです。