TT Price Proxy (TTP) インストール手順では、サービスをホストするローカルの Linux マシンにプロキシをインストールするに加え、TT でご使用のプロキシを登録します。

ご使用前に

TT Price Proxy をインストールする前に、以下の内容を実行する必要があります。

  • TT サポートに問い合わせて、プロキシ アクセスを会社に有効化します。TT がプロキシ アクセスを有効化するまで、TT Price Proxy は有効化できません。また会社でユーザーを割り当てることもできません。

  • Java バージョン 8 が、プロキシをインストールするサーバーにインストールされていることを確認してください。TT Price Proxy インストールの最中に、Java がインストールされていない場合、またはサーバーが会社はのファイアウォールを通じて Oracle にログインして Java をインストール出来ない場合は、インストールに障害が発生します。
  • TT Price Proxy インストール パッケージをダウンロードして、TT Price Proxy をインストールする Linux サーバーの指定場所に *.tar.gz ファイルを保存します。

TT Price Proxy のインストール

TT Price Proxy をインストールするには

  1. tar -xvf edgeproxy-<version>.tar.gz を入力し、保存されているディレクトリでファイルをパッケージ解除します。

  2. sudo edgeproxy/install.h <environment name> を入力してインストールを開始します。

    全ファイル (100%) がサーバーにコピーされると、インストール スクリプトが登録手順を開始します。

  3. プロキシの名前を入力して、Setup アプリケーションからアプリ キーの資格情報をコピーして貼付けます。

  4. 環境とネットワーク インターフェースを選択して、プロセル登録プロンプトで 「yes」 と入力し、Edge Server URL を作成して登録を完了します。

    登録プロキシに表示された URL 資格情報は、会社のユーザーにプロキシを割り当てる際に Setup アプリケーションに表示されます。