BitMEX

BitMEX

BitMEX の概要

ビットコイン マーカンタイル取引所 (BitMEX、Bitcoin Mercantile Exchange) は、仮想通貨デリバティブのピアツーピア取引を提供していて、現在アジアに位置しています。

BitMEX 取引所 API

TT®では、以下をサポートしています。

  • 価格: 限月のダウンロード用の REST API、価格用のウェブソケット API
  • 注文: 注文の発注用の REST API、注文の更新用のウェブソケット API

TT での BitMEX がサポートしている銘柄

TT プラットフォームでは、BitMEX で利用可能な先物、オプション、通貨限月をサポートしています。TT では、通貨限月はスポット限月などの取引をする永久スワップ限月を示します。オプション限月とは、マーケットの上昇と下落中の取引をサポートする BitMEX UpBitMEX Down 限月です。

BitMEX API 資格情報

TT プラットフォームを通じて BitMEX に接続するのに、固有の取引所 API キーと秘密が必須となります。ユーザーは bitmex.com で口座にログインして、口座名を選択し、[Account & Security] - [Account & Preference] - [API keys] に移動して作成し、これらの資格情報が提供されます。

: UAT 接続に関しては、ユーザーはテスト口座に登録し、testnet.bitmex.com にて資格情報を作成する必要があります。

ユーザーは TT で使用する API キーを作成する際に以下の内容を確認する必要があります。

  • ID と秘密を作成する際に、「Key Permissions」 を 「Order」 に設定します。
  • 1人の BitMEX 取引所ユーザーに複数の BitMEX 取引所 API キーを作成しないでください。

BitMEX セットアップの要件

: BitMEX ユーザーと TT への接続をセットアップする際、以下の要件に従って、適切に取引所に接続する必要があります。

  • TT の BitMEX 口座は子口座にはできません。
  • 1つの BitMEX 口座と BitMEX 接続のみを 1人のユーザーに割り当てることができます。1つの取引所 API キーと秘密においては、複数の BitMEX 接続はサポートされません。
  • 1人のユーザーを含む1つの BitMEX 口座にのみ、1つの BitMEX 接続を割り当てることができます。
  • 他の会社と BitMEX 口座を共有しないでください。
  • 複数のユーザーと、同じ BitMEX 取引所 API キーと秘密を共有しないでください。
  • 1人のユーザーは TT で複数の BitMEX 取引所 API キーを使用できません。
  • 1人の BitMEX 取引所ユーザーに属する複数の API キーを、別の TT ユーザーに割り当てることはできません。

TT での BitMEX の Load Shedding (サーバー オーバーロード) のサポート

BitMEX のための TT 注文コネクター (OC) は、取引所の REST 終了点に注文を送信し、ウェブソケット フィードの執行に従います。

定期的に BitMEX は「ロード シェディング」の期間に入りますが、ウェブソケット接続は維持されます。取引所に送信される注文は、ロード シェディングが発生する際拒否されます。TT の Autospreader と ADL 自動取引アプリケーションに関しては、注文は再試行されず、ADL アルゴはロード シェディング拒否のため停止します。

ロード シェディングは取引所によりステータスとしてみなされていないため、Bitmex は、取引所がロード シェディング中であることを配信したり決定する方法を TT にまったく提供していません。トレーダーが BitMEX はロード シェディングのため注文を拒否していることを知る唯一の方法としては、発注済みの注文の拒否を受信した場合に分かります。トレーダーの [Audit Trail] (システム履歴) には、注文の拒否の理由がロード シェディングのためであることが記述されます。

TT での BitMEX の死者スイッチ サポート

TT 注文コネクター (OC) は取引所の死者スイッチ (Dead Man's Switch、切断時に取消) 機能を実装しています。取引所の切断時の発生時に、OC は、60秒のタイムアウトを入れて、15秒毎に繰り返し BitMex 取引所の終了点「cancelAllAfter」をコールします。切断を探知して60秒後、TT は BitMEX がその接続にあるすべてのトレーダーが、すべての注文を取消しできるように許可します。

TT の BitMEX レート限度サポート

BitMEX レート限度を使って、60秒毎に要求または「トークン」を送信し、BitMEX はトークンを補充し続けます。取引所からこれらの指示を与えられ、TT の BitMEX 注文コネクターは 適応レート限度を実装します。これはユーザーごとのレート限度は引き続き、ユーザーベースごとに残っているトークン数により調整されます。レート限度を超過すると、TT から移動する前に注文は拒否されます。

適応レート限度により、トレーダーは最大スループット (処理能力) を達成できます。基本的に、TT を使用するトレーダーは BitMEX によりブロックされることはありません。これは注文コネクターが適応レート限度機能を実装しているからです。



アメリカ合衆国のユーザーは BitMEX では取引できません。BitMEX 利用条件の、制限管轄の全リストを参考にしてください。