設定

全般設定

全般設定

全般設定

表示

[Display] セクションの各設定をクリックして、オプションのリストを表示します。

ユーザー設定 説明
Color Theme (配色テーマ) ワークスペースで開く各ウィジェットの配色テーマを設定します。
Background (背景) ワークスペースの背景色とテーマを設定します。
Context help (コンテキスト ヘルプ) ウィジェットのツールヒントを有効化します。以下のオプションのうち1つを選択します。
  • None: ツールヒントを表示しません。
  • Simple: -ウィジェットの簡単な説明としてツールヒントを表示します。
銘柄シンボル

ワークスペースに表示する銘柄シンボルのタイプを決定します。以下から1つ選択します。

  • Exchange: ワークスペースを設定して、銘柄の取引所シンボルのみ表示できます (例: CME 原油先物銘柄の「CL」など)。
  • Exchange (Bloomberg): 主要の取引所シンボルを設定します。銘柄はまず取引所シンボルで表示され、括弧でブルームバーグ シンボルが表示されます (CME 原油先物銘柄の 「CL (CL1)」など)。
  • Bloomberg (Exchange): 主要のブルームバーグ シンボルを設定します。銘柄はまずブルームバーグ シンボルで表示され、括弧で取引所シンボルが表示されます (ICE ブレント原油先物銘柄の 「C01 (BRN)」など)。

:

  • この設定を使用するには、TT が会社に対してブルームバーグ シンボルを有効化する必要があります。この機能を有効化するには、カスタマー サクセス マネージャーに問い合わせてください。
  • この設定を有効にするには、ワークスペースをリロードする必要があります。

Use ClearPort symbology for CME (CME に ClearPort シンボルを使用)

[取引] アプリケーションを設定して、CME ClearPort が認識できる限月名を表示します。ClearPort 限月名の中には CME Globex で使用されるシンボルと異なったシンボルを使用している場合があります。例えば、天然ガス オプション (ヨーロッパ) は Clearport では「LN」と上場されてますが、Globex では「LNE」と上場されています。このオプションをオンにして、ClearPort シンボルを使って限月名の表示を有効化します。オプションをオフにすると、限月名は CME Globex シンボルを使って表示されます。既定でこの設定はオフ (無効) になっています。

: この設定を変更して変更を適用させた後、ワークスペースをリロードします。リロードするには、ワークスペース タイトルバーの [File] - [Refresh] を選択します。

Display Spread/Stratgy legs instead of Alias (別名の代わりにスプレッド/ストラテジーのレッグを表示) 一般的に使用される別名を表示するかどうか、また有効期限やストライク、個々のレッグの枚数を含め、限月のすべてのレッグを表示するかどうかを設定します。
Show titlebar clock (タイトルバー時計の表示) ワークスペース メニューバーで時計を表示するかどうかを設定します。
Show scrollbars on workspaces (ワークスペースでのスクロールバーの表示) ワークスペース ウィンドウ スクロールバーを表示または非表示にします。この設定がオン (有効) の場合、スクロールバーがワークスペース内で表示されます。この設定がオフ (無効) の場合、スクロールバーは表示されず、ワークスペース ウィンドウを小さめにサイズ調整した場合、ウィジェットはワークスペースで自動的に表示され続けます。この設定は既定でオンになっていて、スクロールバーは表示されます。
Support high resolution displays (高解像度の表示のサポート) 高解像度のモニターやディスプレイ (MacBook Retina 等) において、グリッドベースのウィジェットでテキスト表示を向上させるかどうかを設定します。ユーザー設定により他のディスプレイ タイプに影響が及ぼされることはありません。

価格と枚数

ユーザー設定 説明
Show classic exchange price format (従来の取引所価格形式の表示) X_TRADER® で表示されるものと類似した価格の形式で表示されます。
Show decimal prices for fractional prices/ticks (少額価格/ティックの小数点の価格を表示) 少額のティックや省略符号の付いた価格の表示を持つ限月に小数点の価格を表示します。: この設定を変更すると、ワークスペースをリロードして変更の表示を行う必要があります。
Show implied prices or quantities in pre-open (寄前のインプライド価格や枚数を表示) 限月が寄前ステータスの場合のインプライド価格や枚数を設定します。
Average price rounding (平均価格の四捨五入) 平均約定価格を表示する際に四捨五入の精度を設定します。以下のうちの1つを選択します。
  • [Nearest Tick] で、一番近いティックに切り上げ・切り下げします。
  • [Decimal places] で、指定した小数点以下桁数 (1-8) を表示します。
Quantity display decimal places (枚数の小数点以下を表示) 四捨五入可能な枚数に表示できる小数点を設定できます。セレクターをクリックして表示する 0~8 の小数点を選択します。追加の枚数を利用出来る場合は、「+」が表示され、追加の桁数を表示できます (例: 1.005+)。既定値は「3」の小数桁です。
Quantity display thousands separator (枚数に3桁ごとの区切り文字を表示) 大規模な枚数の数値に3桁ごとのコンマやピリオドなどの区切り文字を表示します。今設定は価格値に適用されません。

エネルギー枚数

ユーザー設定 説明
Contracts (限月) 全体の受渡し枚数としてエネルギー銘柄の取引枚数を表示します。
Flow (フロー) 各受渡し期間に受け渡される枚数としてエネルギー銘柄の取引枚数を表示します。

データ キャッシング

ユーザー設定 説明
Cache instrument data locally (ローカルで限月データをキャッシュ) [Trade] アプリケーションを開始する際に限月情報のダウンロードをキャッシュするかどうかを設定します。多くの限月の定義は頻繁に変更されることはないので、設定は既定で有効になっていて、帯域幅を軽減してパフォーマンスの向上を行います。

: 必要に応じて、[MD Trader] や [Spread Matrix] (スプレッド価格表) コンテキスト メニューから限月の定義を手動で更新できます。