Aggregator

Aggregator

Aggregator の概要

[Aggregator] ウィジェットでは、複数の限月で構成された1つの集約銘柄を作成し、1つの限月として取引できる機能を提供しています。[Market Grid] (銘柄情報) や [MD Trader] で集約銘柄を表示して、注文の送信先を決定するルーティング ルールを使い、集約銘柄を発注できます。

Aggregator の機能には以下の内容が含まれます。

  • Smart order routing (スマート注文送信): [Aggregator] は、ユーザー定義の設定やサーバーサイドの最良の執行展開に基づいて、最適な価格を達成できるように、レッグ限月間でユーザーの希望の枚数を割り当てます。
  • Rebalance (リバランス): [Aggregator] は、レッグ限月間で注文を割り当て、その後、即時に取得 (テイク) が可能な流動性を求めて、すべてのレッグ マーケットの監視を続行します。流動マーケットを検出すると、[Aggregator] はレッグ間で残存する注文のリバランスを行い、ユーザー定義の設定に基づいて、流動性の取得 (テイク) を図ります。

タイトルバーの [Widgets] をクリックすると [Aggregator] を開くことができます。 ウィジェットがワークスペースで最小化されている場合は、[Aggregator] アイコンがタイトルバーに表示されます。

: MD Trader を使ったスプレッド取引に加え、[Aggregator Manager] ウィンドウから [銘柄情報] (Market Grid) に、集約銘柄のドラッグ アンド ドロップができます。

Aggregator ウィジェットの機能

[Aggregator] を開くと、作成した集約銘柄の一覧が表示されます。このウィジェット画面から、すべての集約銘柄の作成起動編集コピー削除、検索ができます。