ADL の新機能

ADL の新機能

前バージョン ADL からの ADL アルゴの移行

ADL の最新バージョンでは、新規の形式に ADL の以前のバージョンで作成した既存のアルゴを変換できます。

元の ADL からのインポート

元の ADL を使って既に作成した既存のアルゴを使用する場合は、次のように、新規形式に変換する必要があります。

  1. 元の ADL キャンバスから、移行するアルゴを開きます。
  2. [File] メニューから [Export to ADL.js] を選択し、任意の場所に保存します。
  3. 新規の ADL キャンバスを開きます。
  4. 元の ADL キャンバスから、[File] メニューから [Import] を選択し、エクスポート済みの .json ファイルを選択します。

    : 7 X ADL アルゴをインポートすることもできます。

TT では、できるだけ早く既存のアルゴを新規の ADL キャンバスに移行し始めることを強く推奨します。というのは元の ADL キャンバスは近い将来に廃止されます。

7.X ADL からのアルゴのインポート

7X アルゴをインポートするには

  1. 7X ADL で希望のアルゴを開きます。

  2. 希望の .algo ファイルにアルゴをエクスポートします。

  3. TT にログインして、ADL を開きます。

  4. [File] メニューから [Import 7.x algo] を選択します。

  5. システム ダイアログを使って、エクスポート済みの .algo ファイルを指定し、[Open] をクリックします。

    アルゴが変換され、ADL Designer キャンバスに読み込まれます。

  6. [File] メニューから、[Save] を選択してインポート済みのアルゴを保存します。