ユーザー

ユーザー

ユーザーの概要

TT システムの「ユーザー」とは、TT ソフトウェアを使用する個人を示します。例えば、ユーザーにはトレーダーやブローカー、リスク管理者があるとします。TT ソフトウェアの各ユーザーは、固有の識別子 (TT 口座) を有し、システムに存在する必要があります。

新規ユーザー

会社に招待する前に「仮ユーザー」として、システムに新しいユーザーを追加できます。これらの仮ユーザーは、TT 口座をすでに作成している場合とそうでない場合があります。会社や清算会社に招待されていないユーザーや、未承認のユーザー、招待を却下されたユーザーは、システムで仮ユーザーと見なされます。

仮ユーザーを追加した後、仮ユーザーに、承認のための登録リンクを含む電子メールの招待を送信できます。リスク設定を行い、招待を送信する前に、他の会社と仮ユーザーを共有することもできます。ただしユーザーは TT 口座を作成するまで、会社へのログインや招待の受信はできません。

新規ユーザーは、「会社」への加入の招待を受信する前でも TT 口座を作成できます。ユーザーがすでに TT 口座を作成済みの場合もありますが、加入のオプションが表示される前に、TT 口座を作成するようにメッセージが表示されます。TT 口座を作成して TT プラットフォームにログインした後、ユーザーは招待メールのリンクをクリックして、招待を受け入れます。招待を受諾して TT 口座を作成した後は、ユーザーは会社では「仮ユーザー」ではなくなります (ユーザーとして登録済み)。

ユーザー タブ

左ナビゲーション画面で [Users] タブをクリックして、会社にてユーザーの追加や管理ができますユーザーを作成または選択する際に、[Users] 画面に以下のタブが表示されます。

  • Profile: 新規ユーザーを追加して招待状を送信したり、既存ユーザーの管理を行います。
  • Settings: 会社の管理者や個人ユーザーのアクセス許可を設定します。
  • Accounts: ユーザーに口座を割り当てる他、既存の口座の管理を行います。
  • Exchanges: ユーザーの取引所アクセスを設定します。
  • Limits: ユーザーレベルのリスク限度を設定します。
  • Agreements: 取引所との同意書の確認やレビュー、承認を行います (CME マーケット データ同意書など)。
  • Environments: 取引環境へのユーザー アクセスを管理します。
  • FIX Sessions: ユーザーに注文送信 FIX セッションを割り当てます。
  • Login History: ユーザーの会社でのログ履歴を表示します。