OSE

OSE

OSE の概要

OSE (大阪証券取引所) は、日本の主要な金融派生商品の取引所です。OSE は、1878年に大阪株式取引所として創設され、1949年には大阪証券取引所が設立されました。

日本の主要な株式指数に基づく日経 225 先物およびオプションは、OSE の最も重要な商品です。OSE は 2006年7月に日経 225 ミニを上場し、小売業の投資家に対して投資の機会を提供し始めました。

2016年、OSE は次世代デリバティブ取引システム (Next J-GATE) プラットフォームを導入しました。これには OM API の変更に加え、新規の ITCH 価格フィードが含まれます。

マッチング エンジン

OSE マッチング エンジンは東京に配置されています。

マッチング アルゴリズム

OSE の価格は、ザラバという価格優先と時間優先で決定されます。終値で執行された取引に対応するため、OSE は板寄と呼ばれるクロージング オークション システムを導入しています。このシステムは寄前中でも有効であり、始値を決定します。クロージング オークション システムでは、注文の受付期間の終わりと同時にマッチングが行われます。

接続オプション

TT®プラットフォームでは、取引所への接続をサポートしているので、接続オプションに関して取引所にお問い合わせ頂く必要はありません。