MX

MX

MX の概要

モントリオール取引所 (MX) は 1874 年に創設された、カナダで一番歴史の長い取引所として知られています。MX は1999年までに、カナダで唯一の金融先物取引所となりました。MX は 2000年10月1日に営利目的の会社となり、2001年には北米で初の完全電子取引所となりました。

マッチング エンジン

MX は SOLA® 電子取引プラットフォームとマッチング (トレーディング) エンジンを通じてマッチングを提供しています。SOLA トレーディング エンジンはオンタリオ州マーカムに配置されています。

マッチング アルゴリズム

MX は、価格と時間の優先と、オープニング マッチング アルゴリズムでマッチングを行っています。

MX アンチウォッシュ 機能をサポートしています。

TT は、自己マッチング注文を阻止するための MX アンチウォッシュ機能をサポートしています。アンチウォッシュ機能は、参加者やクライアントが、不本意な「ウォッシュトレード」の行為に関わらないようにするための機能です (双方のサイドが同じアンチウォッシュ ID キーをもっている場合において)。キーはユーザー定義で、Setup にて各ユーザーに設定されます。

アンチウォッシュは [Users] タブにて設定します。各ユーザーに、[Exchanges] をクリックして [MX] を選択し、[Anti-Wash Id and Anti-Wash Instruction] オプションを設定します。

Setup で生成されると、TT はユーザーが送信したすべての注文メッセージにて、 SAIL 欄の「AntiWashID」と「AntiWashInstruction」にて、[Anti-Wash Id] 欄と [Anti-Wash Instruction] 欄を送信します。

注文の変更に関しては、約定待ち注文から元のアンチウォッシュ ID と説明が取引所に送信されます。約定とクォートの確認もユーザーのアンチウォッシュ ID に含まれます。

TT でアンチウォッシュ機能を使用する際以下の内容を考慮してください。

  • AntiWashId がユーザーに生成されると、TT は空白の AntiWash 説明が含まれた注文を拒否します。
  • アンチウォッシュ ルールは、コミット注文やストップ注文を除き、取引所によりネイティブサポートされているすべての指値注文と成行注文タイプ、識別子、制限、有効期限に適用されます。
  • 機能は注文の取消を許可していオープンまたは寄前 (プレオープン) 取引セッションのステータスにある限月に利用できます。

接続オプション

TT®プラットフォームでは、取引所への接続をサポートしているので、接続オプションに関して取引所にお問い合わせ頂く必要はありません。