TT と Excel の統合の概要

TT と Excel の統合の概要

RTD: スロットル制限の設定

Excel は自動的に更新を確認する確率を制限します。既定で、2000 ミリ秒 (2 秒) のスロットル率が設定されます。ペースの速い取引環境では、このような更新は充分でない場合があります。TT では、0 の値を設定して、既定の Excel スロットル率を無効化することを推奨しています。この値で、Excel は引き続き、正確で最新の値であるかの更新の確認を行います。

Excel オブジェクト モデルを通じてスロットル間隔を設定するには

  1. Excel で、Visual Basic Editor を開きます。

    : Visual Basic Editor を開く方法については、ご使用の Excel バージョンの Microsoft ヘルプをご確認ください。

  2. [Immediate] ウィンドウ ([View] メニューの [CTRL+G] または [Immediate Window] を押します) にて、コード: Application.RTD.ThrottleInterval = 0 を入力して、[ENTER] を押します。

  3. 適切に設定されているかどうかを確認するには、[Immediate] ウィンドウにて、? Application.RTD.ThrottleInterval のコード行を入力して [ENTER] を押します。

  4. 必要でない場合は Visual Basic Editor を閉じます。

別の方法としては、Windows レジストリを通じてスロットル間隔を設定できます (レジストリの編集に関しては、ご使用のオペレーティングシステムの Microsoft ヘルプを参照してください)。以下のレジストリ キーを 0 に設定します (無い場合は作成し) (DWORD で、値はミリ秒です):

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Excel\Options\RTDThrottleInterval

: この例では、Excel 2013 のパスを使用します。それ以降のバージョンを使用している場合は、パスに適切なバージョン番号を使用する必要があります。