ブラウザ アクセス

ブラウザ アクセス

ワークスペースのインポートとエクスポート

TT プラットフォームでは、設定済みのワークスペースを1つのファイルとして容易に共有できます。これによりシステムにワークスペースを保存できます。またファイルを他のユーザーに送信して、各自のワークスペースにインポートすることもできます。

ワークスペースをインポートするには

  1. [Save] (保存) アイコンをクリックして、ワークスペースにすべての変更を保存します。

  2. [File] (ファイル) ボタンをクリックしてメニューを開きます。

  3. [File] メニューが開くと、[シフト] キーを長押しして [Import/Export] (インポート/エクスポート) を選択します。

  4. [Download] (ダウンロード) をクリックして、ワークスペースのコピーを .tws の拡張子でファイルとして保存します。

ワークスペースをインポートするには

  1. [Save] (保存) アイコンをクリックして、ワークスペースにすべての変更を保存します。

  2. [File] (ファイル) ボタンをクリックしてメニューを開きます。

  3. [File] メニューが開くと、[シフト] キーを長押しして [Import/Export] (インポート/エクスポート) を選択します。

  4. [Select File] (ファイルの選択) をクリックして、アップロードする .tws ワークスペースを選択します。

    [Select File] (ファイルの選択) ボタンで、*.tws ファイルをドラッグ アンド ドロップすることもできます。

  5. [Import] (インポート) をクリックします。

    注: ブラウザを更新すると、インポートしたワークスペースにアクセスできます。