TT プラットフォーム

取引所はよく、模擬取引セッションに参加するようにユーザーに要請し、API や電子取引プラットフォームに追加された新規の銘柄や機能のテストや検証を行います。また複数の取引所での模擬取引は、業界全般の主導権をサポートする上で必要です。

模擬取引は、ライブ取引接続と装置を使って取引され、取引時間外に行われるという点で、通常の認定テストとは異なります。模擬取引をサポートするため、TT では mock.trade.tt で、別の取引環境を提供しています。これはブラウザまたは TT Desktop からアクセスできます。

: 模擬取引に参加する前に、今後のセッションに関する関連の TT カスタマー アドバイザリーを確認して、セッションを実施する取引所やその他の団体 (FIA 等) に詳細を問い合わせてください。

模擬取引環境の使用

既存の TTID 資格情報を使って mock.trade.tt にログインできます。

ワークスペースを開くと、ワークスペースの各起動済みウィジェットに [Mock Session] の案内が表示されています。

取引の際に、TT 模擬取引環境のみが表示され、模擬取引の価格、注文、約定、ポジションがサポートされます。注文は取引所の模擬取引環境への接続でのみ受理可能で、予定された模擬取引が有効である場合のみとなります。模擬セッションでの取引操作により、TT ライブ取引環境やデモ環境での取引が影響を受けることはありません。

サポートされていない TT 機能

以下の TT 機能は、模擬取引環境で利用できません。

  • FIX Adapter
  • Autospreader
  • ADL と Algo Dashboard
  • ポジション トランスファー
  • 価格別出来高 (VAP)
  • TT Avoid Orders That Cross (AOTC) (クロス注文の回避)
  • チャート
  • ポジション マネージャー
  • SOD 記録のパブリッシュとマニュアル フィル
  • ステージ注文

模擬取引環境のワークスペース

Mock.trade.tt にログインすると、ライブ環境とデモ取引環境からワークスペースを使用することはできません。逆に、模擬取引から作成したワークスペースは、ライブ環境やデモ取引環境で使用することはできません。

模擬取引からライブ取引と模擬取引のワークスペースを使用するには、TT で利用可能なワークスペースのインポートとエクスポート機能 を使って、ライブ・デモ取引環境からワークスペースをエクスポートし、mock.trade.tt にインポートできます。

: ワークスペースをインポートすると、模擬取引でサポートされていないワークスペースのウィジェットや機能は、mock.trade.tt でワークスペースを開く際にフィルターされます。

TT 顧客サポート

模擬取引セッション中のサポートに関しては、TT オンボーディンググループ (tt-onboarding@tradingtechnologies.com) またはカスタマー サクセス担当者にお問い合わせください。

模擬取引サポートとして土曜日でも TT カスタマー サポート センター (CSC) に問い合わせることができます (CA を参照してください)。CSC の問い合わせ先は以下のとおりです。

  • フリー ダイヤル (合衆国): +1 877 424 8844
  • 北米: +1 312 476 1002
  • アジア太平洋地域: +65 6395 7002
  • オーストラリア: +61 2 8022 1702
  • ヨーロッパと中東地域: +44 20 7621 8181
  • 日本: +81 3 4577 8302