公開アルゴ

公開アルゴ

公開アルゴ

TT では、ユーザーが入力パラメータのセットに基づいてマーケットをクォートできるように、自動発注ストラテジーを提供しています。ユーザーはクォート動作をカスタマイズし、約定が発生した後にとる動作を指定し、インスタンスごとにリスク パラメータを制御できます。ストラテジーは Autotrader または Algo Dashboard のいずれかから実行できます。値はユーザーごとに手動で追加でき、Excel からリンクでき、または注文テンプレートを使って読み込みできます。

マーケット メーキング アルゴ

TT では、以下のマーケット メイキングの公開アルゴを提供しています。

  • Direct Entry (ダイレクト発注): [Bid Prc] と [Ask Prc] 入力で提供されるダイレクト価格に基づいてクォート注文が発注されます。約定待ち注文は提供された買値または売値への変更に基づいて、自動的に再価格設定されます。
  • Single Theo (シングル理論値): シングル理論値 (Theo Price) からユーザー定義のティック数のクォート注文を発注します (買オフセット売オフセット)。約定待ち注文は提供された理論値またはオフセットへの変更に基づいて、自動的に再価格設定されます。
  • Bid/Ask Theo (買/売理論値): 理論買売値 (理論買 and 理論売) からユーザー定義のティック数のクォート注文を発注します (買オフセット売オフセット)。約定待ち注文は提供された理論値またはオフセットへの変更に基づいて、自動的に再価格設定されます。
  • Market Base (マーケット ベース): シングル理論値 (Theo Price) からユーザー定義のティック数のクォート注文を発注します (買オフセット売オフセット)。約定待ち注文はオフセットへの変更やマーケットの動きに基づいて、自動的に再価格設定されます。
  • Reference Market (参照マーケット): 参照銘柄 (Ref Instrument)の現在のインサイド マーケットからシングル理論値 (Theo Price) からユーザー定義のティック数のクォート注文を発注します (買オフセット売オフセット)。約定待ち注文はオフセットへの変更や参照マーケットの動きに基づいて、自動的に再価格設定されます。

アルゴの作動

アルゴ パラメータを使って、ユーザーはクォート動作をカスタマイズし、約定が発生した後にとる動作を指定し、インスタンスごとにリスク パラメータを制御できます。

クォート注文は価格と枚数の入力に基づいて発注され、[外側のクォートがマーケットにジョインした場合」、「内側のクォートがマーケットにジョインした場合]、「マーケットのクロス回避」 設定に基づいて調整される可能性があります。ストラテジーは、自動的にベース価格の入力への更新時に、クォート注文の再価格設定を行います。[Quote Throttle] パラメータを使って注文の更新の頻度を制御できます。約定を受信すると、アルゴは自動的に約定価格からの特定の追加ティック数 (カバー オフセット) をカバー注文を発注します。

[Manual Requote] 設定に基づいて、[Requote] ボタンをクリックするまで、[Fill Throttle] がマーケットからのすべてのクォートを通過させた後や削除した後に、アルゴは自動的に再クフォートを行います。クォート注文は、[Max Pos] の許可に対して、オープン ポジションに基づいて減数または取消されます。アルゴはまた、必要に応じてオープン ポジションをリセットできるオプションを提供しています。

注:

  • アルゴを実行するための最大ポジション値を入力する必要があります。でなければ、ストラテジーは停止します。
  • ストラテジーを開始した後 [Enable Cover Orders] パラメータが有効化されると、その時点の後に達成された約定のみを考慮します。
  • 約定スロットルがまったく入力されていなければ、アルゴは再クォートする前にクォート スロットルを考慮します。

警告!

  • この時点で TT は停止状態からアルゴの再開を試みないように推奨しています。これにより、無効な価格を一時的に使用してしまうこととなり、意図しない約定が生じる可能性があります。
  • アルゴにより管理されている注文で手動での介入が生じると、ストラテジーによりこれらの注文が管理されているのが停止する場合があります。アルゴはマーケットのその側で注文の約定待ちを行わなくなります。

アルゴ パラメータ

パラメータ 説明 Used by (使用者)
Instrument (限月) クォートやカバー注文を発注する限月 (Market Base アルゴのベース価格を決定する際に使用するマーケット)。 All (すべて)
買値 (Bid Prc) 買クォート注文を発注するダイレクト価格。 Direct Entry (ダイレクト発注):
売値 (Ask Prc) 売クォート注文を発注するダイレクト価格。 Direct Entry (ダイレクト発注):
Theo Prices (理論値) 買クォート値と売クォート値を発注するベース価格 (Single Theo) Single Theo (シングル理論値)
Theo Bid (理論買) 買クォート注文を発注するベース価格。 Bid/Ask Theo (買/売理論値)
Theo Ask (理論売) 売クォート注文を発注するベース価格。 Bid/Ask Theo (買/売理論値)
Ref Instrument (参照限月) 買クォート注文または売クォート注文を発注するベース価格に使用する限月。 Reference Market (参照マーケット):
Ref Prc Multiplier (参照価格) クォート注文のベース価格を計算する前に、参照マーケットの価格を調整します。既定の設定は 1 です。 Reference Market (参照マーケット):
Bid Offset (買オフセット) 買クォート注文のベース価格からのティックでのオフセット。正の値はマーケットから離れて、負の値はマーケットに近づきます。 シングル理論
買/売理論
マーケット ベース
参照マーケット
Ask Offset (売オフセット) 売クォート注文のベース価格からのティックでのオフセット。正の値はマーケットから離れて、負の値はマーケットに近づきます。 シングル理論
買/売理論
マーケット ベース
参照マーケット
Bid Qty (買枚数) 買クォート注文の枚数。 All (すべて)
売枚数 (Ask Qty) 売クォート注文の枚数。 All (すべて)
Enable Cover Orders (カバー注文の有効) クォート注文で約定を受信する際にマーケットにオフセット注文を発注するかどうか。 All (すべて)
Cover Order Offset (カバー注文オフセット) カバー注文が発注されるクォート注文の約定値からの追加ティック数。 All (すべて)
Quote Throttle (クォート スロットル): クォート注文の遅延 (ミリ秒) が更新されます。スロットルは最終注文更新時から観察されます。価格の更新がスロットル時間内に発生した場合、スロットル時間が経過するまで注文の更新は抑制されます。このパラメータを使って過剰なクォートを減少できます。 All (すべて)
Fill Throttle (約定スロットル) 約定を受信した後にクォート注文が更新しない場合の、遅延 (ミリ秒) を示します。スロットルの持続中に2番目の約定が発生した場合、スロットル時間がリセットされます。 All (すべて)
Max Pos (最大ポジション) アルゴがポジションが増加しているマーケットの側のクォートを停止する前に、最大オープン ポジション (ショートとロングの両方に使用) を設定します。 All (すべて)
Manual Requote (手動再クォート) 約定が発生すると、マーケットからすべてのクフォート注文を除去するかどうか。カバー注文は約定待ちし続けます。パラメータが [True] に設定されていると、クォートを再開するには [Requote] ボタンをクリックします。 All (すべて)
アウトサイド クォートをマーケットにジョイン (If Quote Outside, Join Mkt) 計算済みのクォート値がインサイド マーケット価格の外にある場合に、クォート注文を現在のマーケット価格に調整するかどうかを示します。 All (すべて)
インサイド クォートをマーケットにジョイン (If Quote Inside, Join Mkt) 計算済みのクォート値がインサイド マーケット価格よりも良い場合に、クォート注文を現在のマーケット価格に調整するかどうかを示します。 All (すべて)
Don't Cross Market (マーケットのクロス回避) クォート注文がインサイド マーケットをクロスしないようにします。 All (すべて)
Use Cancel/Replace (取消/差替の使用) 変更を使用せずに取消/差替を使ってクォート注文の価格を再設定するかどうかを示します。 All (すべて)
Requote (再クォート) [Manual Requote] が [True] に設定されている場合、ボタンをクリックして約定が発生した後にクォートを再開します。 All (すべて)
Reset Open Pos (オープン ポジションのリセット) ボタンをクリックして、インスタンスを実行するための現在のオープン ポジションを 0 に戻します。 All (すべて)