Options Trade Monitor

Options Trade Monitor

Options Trade Monitor の設定

利用可能な設定

これらの設定で、選択した [Options Trade Monitor] ウィジェットのみに影響が与えられます。新規に起動した [Options Trade Monitor] ウィジェットにこれらの値で既定の設定を更新するか、またはオプションを開いて既存の起動済みウィジェットに適用させるには、[Save as default] をクリックします。

Add-PIC

以下の設定を使って、[Options Trade Monitor] をカスタマイズできます。

  • Show tabs (タブの表示): ウィジェットの下部に表示するタブのチェックをオンにします。タブを非表示にするにはチェックを解除します。

  • Set Options Trade Monitor columns (Options Trade Monitor の設定列): ウィジェットに表示するを選択します。

Options Trade Monitor の列の説明

説明
Date (日付) 取引が発生した日付。
Time (時間) 取引が発生した時間。
Instrument (取引銘柄)

銘柄またはストラテジーの名前と限月の有効期限。

C/P

限月がコールまたはプット オプションのいずれであるかを示します。

Strike (ストライク)

優先順位ホルダーが限月を買または売のオプションを執行できる価格にある、現物先物銘柄を表示します。ストライクが網掛表示されることで、ストライク列に日付の範囲が反映されます。MD Trader® の高値と安値のライン インジケータが、ポジションに関連するストライク列に表示されます。

Type (タイプ)

この取引に関連する注文タイプ (指値、成行など)。

Qty (枚数)

限月に RFQ で送信された場合に、要求枚数が表示されます。

Price (価格)

注文または約定の価格。

TV インプットとしてボラティリティで Barone-Adesi と Whaley 価格モデルを使って計算されたオプションの理論値。
Edge

取引での勝敗。

UndPx

現物銘柄の価格。

BidQty

買待ちの合計枚数。

Bid (買値)

最良成行買値。値をクリックして注文チケットを開きます。

Ask (売値)

最良成行売値。

AskQty (売枚数)

売待ち注文の合計枚数。

UV

理論コール値とプット値の計算に使用される、ユーザー ボラティリティ値。これらのユーザー ボラティリティは [Vol Curve Manager] を使って入力され、ボラティリティ カーブの制御点にそってカーブが調整されます。ユーザー ボラティリティ値は調整処理の結果です。

IV

インプライド ボラティリティ値。インプライド ボラティリティは、買値と売値の中間点を使って計算されます。

ユーザー定義のボラティリティを使って計算されたデルタ。

TT が提供する自動フィット ボラティリティ カーブで計算されたデルタ。

IGamma

現物銘柄の変更ごとの TT 計算デルタでの変更が表示されます。

ITheta

時間の遅延としても知られる、時間での変更ごとのオプション値における変更が表示されます。TT 自動フィット ボラティリティ カーブ値に基づきます。

IVega

TT 自動フィット ボラティリティ カーブに基づいたボラティリティでの変更ごとのオプション値における変更が表示されます。

IRho

利益率の変更ごとのオプション値における変更を表示します。TT 自動フィット ボラティリティ カーブ値に基づきます。