注文プロファイル

注文プロファイル

注文プロファイルの概要

[Order Profiles] ウィジェットを使って、TT の発注ウィジェットに値を入力する既定注文設定を作成できます。管理者が設定したプロファイルに加え、取引所や銘柄、銘柄グループ、銘柄タイプにもとづいて、発注画面のルールを入力して、自分のカスタム注文プロファイルとローカル既定設を定義して適用できます。注文タイプや最大注文サイズ、有効期限の制限など、注文に適用できるプロファイルの欄を定義することもできます。

ウィジェットを開くには、ツールバーの [Edit] をクリックして、[Order Profiles...] を選択します。

[Order Profiles] を開く際、既定のプロファイルが表示されます。管理者が設定したプロファイルも表示されます。既定のプロファイルは、[Order Profiles] ウィジェットが閉じられていると、削除することも有効化することもできません。

最良一致の入力と発注画面

[Order Profiles] ウィジェットを使って、取引に有効にするルールを設定できます。選択した注文プロファイルで注文を送信する際、[Trade] アプリケーションは、銘柄や取引所、銘柄グループ、銘柄タイプの重要欄に基づいて、最良一致ルールを検出します。最良一致ルールの変数欄には、起動済みの発注ウィジェットにて値が入力されて表示されます。

MD Trader または [Order Ticket] を起動する際に、[Order Profile] で選択したプロファイルの最良一致ルールに基づいて、これらのウィジェットの値も入力されます。[Order Profiles] ウィジェットが起動されていない場合、<Default> プロファイルの最良一致ルールが使用され発注ウィジェットの値が入力されます。

注文を発注する際、[Order Ticket] や [MD Trader] の空白欄には、注文が取引所に送信されると、TT サーバーにより、管理者が設定した値が注文が自動的に生成されます。

また [Order Ticket] や [MD Trader] にて変更した欄により、注文の発注時に管理者設定が上書き変更されます。

ヒント: 注文発注時に注文プロファイルを選択するには、[Order Ticket] や [MD Trader] にて注文プロファイル ドロップダウンを表示できるオプションがあります。この設定を有効化するには、[Preferences] - [Orders] にて 「Show order profile dropdown」 をオンにします。

MiFID II サポート

リスク管理者が Setup でプロファイルに MiFID II 欄が設定されている場合、プロファイルが [Order Profiles] の左画面に表示されます。そのプロファイルを取引に選択する場合、MiIFD II 欄 が注文に適用され、取引所に送信されます。管理者が設定した MiFID II 欄を含むプロファイルは、[Order Profiles] ウィジェットで編集できません。

各列の説明に関しては 注文プロファイルの設定 を参照してください。