注文一覧

注文一覧

ステージ注文の口座アクセス許可と所有権

会社のリスク管理者は、口座またはユーザーごとにステージ注文を発注して管理できる、注文のアクセス許可を設定します。リスク管理者はまた、親ステージ注文に関連する子注文の送信に使用する執行口座のリスク設定も行います。

注文のステージ化に使用する口座は、同じ会社の複数のユーザーに割り当てたり、別の会社のユーザーと共有することができます。ユーザーが会社外に表示する必要のある口座に注文をステージ化する場合、リスク管理者は TT の Setup アプリケーションを使って口座を共有する必要があります。

以下の表には、ステージ注文と執行口座の所有権に基づいて、ユーザーに許可されている注文の操作を表示しています。

ユーザー 口座 操作 コメント

発信者

ステージ注文の口座

  • ステージ注文の発注と表示
  • 所有者からの承認でステージ注文を取消

この口座でステージ注文を発注するには、発信者は注文のアクセス許可を持っている必要があります。

ステージ注文を発注する際、発信者のリスク限度のチェックが行われます。口座に選択されているオプションに基づいて、ステージ注文が要求された際、または関連子注文が執行された際に、ステージ注文の口座にリスク チェックが適用されます。

発信者と所有者は両方とも、ステージ注文口座の注文と約定を表示できます。口座に割り当てられたその他のユーザーは、ステージ注文や現在のステータスを表示できます。

所有者としての同じ執行口座

  • 関連子注文の送信

所有者は、ステージ注文口座と同じ口座階層にある所有者の執行口座を表示できます。ステージ注文口座と同じ階層にない執行口座で、発信者に割り当てられている口座も表示できます。執行口座に割り当てられている発信者またはその他のユーザーは、所有者が発注した子注文を変更できません。

所有者

ステージ注文の口座

  • ステージ注文の要求/要求解除
  • ステージ注文の取消
  • 発信者の取消要求の承認

この口座でステージ注文を発注するには、発信者は注文のアクセス許可を持っている必要があります。

発信者と所有者は両方とも、ステージ注文口座の注文と約定を表示できます。

ステージ注文を要求する所有者は、ステージ注文の口座を使用して子注文を発注できます。ダイレクト マーケット アクセス (DMA) 注文許可をこの口座に有効化する必要があります。親注文を約定させるには、同じ口座で複数の子注文を発注する必要がある場合があります。

口座に割り当てられているその他のユーザーは、ステージ注文と現在のステータスを表示できますが、所有者が制御している間は、ステージ注文の代わりに子注文を執行することはできません。口座に割り当てられているユーザーに、すべての非ステージ注文も表示されます。

執行口座

  • 関連子注文の送信
  • 関連子注文の変更
  • 関連子注文の取消

ステージ注文を要求する所有者は、ステージ注文口座とは別の執行口座にて子注文を発注できます。ダイレクト マーケット アクセス (DMA) 注文許可をこの口座に有効化する必要があります。親注文を約定させるには、別の口座で複数の子注文を発注する必要がある場合があります。

所有者は多くの場合、ステージ注文の発信者と口座を共有し、注文の執行に自分の DMA 口座を使用します。3つの口座はステージ注文口座の副口座であるか、またはステージ注文口座とは独立した別の口座になります。

ステージ注文を要求する所有者が自分の口座を使って子注文を発注する場合、発信者は所有者の口座を表示することはできません。ただし、執行口座の約定は、ステージ注文口座で発信者に表示されます。所有者の執行口座を使って発注した子注文は、親ステージ注文に子注文を再び関連付ける識別子でタグ付けされます。

ステージ注文の代わりにこれらの口座で所有者が子注文を発注する際、所有者の執行口座のリスク限度のチェックと、執行口座のすべての親口座のリスク チェックが行われます。

所有者は TT の Risk アプリケーションを使ってマニュアル フィルを追加し、取引所に子注文を送信せずにステージ注文のすべてまたは一部を約定させることができます。