チャート

チャート

描画ツール

TT では、マーケットのトレンドを検出するための幾つかの強力な描画ツールを提供しています。

描画ツールを選択する際、[Drawing Tools] (描画ツール) メニューから [None] または別のツールを選択しない限り、その特定のツールが有効となります。

さらに [Clear Drawings] (描画の消去) を選択すると、チャートをリセットし、すべての描画、ライン、注釈などが除去される可能性があります。

描画ツールを追加するには、ウィジェットを右クリックして [Drawing Tool](描画ツール) を選択します。描画ツールを削除するには [None] を選択します。既存の描画ツールを右クリックすると、描画を削除できます。

None (なし)

[None] をクリックするとすべての描画ツールを無効化できます。

Crosshairs (クロスヘア)

これが有効の場合、水平線と垂直線の交差マークを示すクロスヘア ツールが、カーソル位置を追い続けます。

クロスヘアを無効化するには、[Drawing Tools] (描画ツール) メニューで [None] を選択します。

Annotation (注釈)

[Drawing Tools] メニューから [Annotation] (注釈) を選択すると、チャートの任意の場所にテキストベースの注釈を追加できます。

この機能が有効の場合、チャートを左クリックするとテキスト ボックスが表示されるので、ここに注釈を追加して保存できます。

Fibonacci (フィナボッチ)

Fibonacci (フィナボッチ) を選択すると、フィナボッチ比率に、選択部分を分割するグリッド線を描画できます。

チャートの希望する中間値を左クリックしてカーソルを移動させ、グリッドを希望する位置に調整します。

Horizontal (水平)

チャートの希望する値を左クリックすると、Horizontal (水平) ツールは直線の水平ラインを描画します。

Vertical (垂直)

チャートの希望する値を左クリックすると、Vertical (垂直) ツールは直線の垂直ラインを描画します。

Continuous (つなぎ足)

Continuous (つなぎ足) ツールが有効の場合、これを使ってチャートに複数の接続線区分を描画できます。

ツールを新たに選択すると、チャートから自動的に最後の線が削除されます。

Line (ライン)

チャートの希望する中間値を左クリックして、Line (ライン) ツールを使用し、指定した中間値を中心とする直線のつなぎ足線を描画できます。

Ray (レイ)

Ray ツールでは、チャートで左クリックした箇所からつなぎ足線を開始して描画できます。

Segment (セグメント)

Segment ツールを使って、チャートの2点間に短いライン セグメントを描画できます。

Rectangle (長方形)

Rectangle ツールを使って、チャートの長方形部分を網掛け表示できます。

Ellipse (楕円形)

中間値を左クリックして Ellipse ツールを有効にし、選択点を中心に楕円部分を描画できます。

またカーソルを動かすと、楕円部分のサイズや方向を変更できます。

Clear Drawings (描画の消去)

[Clear Drawing] を選択すると、チャートからすべての描画を削除できます。