Blocktrader

Blocktrader

Blocktrader の表示

[Blocktrader] ウィジェットは、以下の内容で構成されています。

  1. Exchange selector: TT でサポートされている®でサポートされている OTC 注文を扱う取引所を一覧しています。
  2. Trade type selector: 選択した取引所でサポートされている OTC 注文タイプを一覧しています。
  3. Price: トランザクションの価格の入力に使用されます。上下矢印を使って価格を設定することもできます。
  4. Deal Time: トランザクションの時間の設定に使用されます。
  5. Price per leg: これが有効な場合、トランザクション全体に1つの価格を入力する代わりに、レッグごとに価格を入力します。
  6. Price off tick: これが有効な場合、表示値よりも小さなティックサイズをサポートしている銘柄に対し、レッグごとにオフティック値を入力できます。
  7. Counterparties per leg: これが有効な場合、取引相手を各側に1人選択できるのに加えて、レッグごとに取引相手を選択できます。
  8. Templates: 追加の注文を定義して発注するためのテンプレートとして使用できる、保存済みのレッグ定義を一覧します。アイコンをクリックしてレッグ定義を保存します。
  9. Leg definition grid: 以下の内容で構成されています。
    • Instrument picker: [Contract] 列にて取引所や銘柄、限月を手動で選択したり検索できます。
    • Side column: 各レッグの買/売側を選択できます。[Side] 列を1クリックすると、反対の買/売方向にレッグを切り替えることができます。
    • Qty column: レッグの買枚数または売枚数を入力できます。
    • Bid and Ask columns: 限月の最良買値と最良売値を表示します。
    • Net sum values: トランザクションの各レッグの最良買値と最良売値の純合計を表示します。
    • Add/delete column: すべてのレッグを削除したり、個々の銘柄レッグを追加または削除できます。[X] をクリックするとレッグを削除でき、[+] をクリックするとレッグを追加できます。
  10. Counterparty selection grid: 以下の内容で構成されています。
    • Counterparty column: 注文の各側の口座と取引相手を選択できます。取引相手の選択には、口座、取引相手の別名 (FCM 名など)、取引相手の ATID (Authorized Trader ID)、別名が表示されます。
    • Side column: 取引相手の注文の買/売側のを設定できます。[Side] 列を1クリックすると、反対の買/売方向にレッグを切り替えることができます。
  11. Text TT: 取引所に送信されていない文字を追加できますが。これは TT システムの注文に維持されます。
  12. TT Account for routing: 取引所への有効な接続にすでに割り当てられマップされている口座を選択できます。
  13. Confirm Order and Submit: [Submit] をクリックして取引所に注文を送信する際に、注文の確認ウィンドウが表示されます。注文の確認は既定で有効となっています。